FC2ブログ



さわやかな秋晴れでした。


七十二候は
「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」にかわりました。
春分の前にある、啓蟄の初候、
「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」と対になっていますね。

虫たちも冬支度をはじめるというわけです。

ここでいう「虫」は、
本来、両生類や、爬虫類をさしているものでした。
小さな生き物たちが「戸を塞ぐ」というのは、
想像するとなんとも愉快なことです。


以前、家の中に小さなヤモリが入り込んでから、
ヤモリが気になって気になって、
いつも玄関を出るとキョロキョロしていました。
たまに見かけると、
嬉しくなって、一日よい気分だったり。

気になることが高じて、
ペットとして飼えないのかなぁと、
いろいろ調べたりもしてみたり。


だってね、ほんと可愛い顔してるんです。


昔はカメだけ大丈夫で、
ほかの爬虫類は苦手でしたが、だんだん、
いろいろ可愛いなと思うようになりました。


ヘビは怖いイメージもありますが、
でも本当はおとなしいですし、
やはり龍につながっていくんですよね、どうもイメージが。


龍好きの私からしたら、
みんな仲間のような気がしています。


たぶん、虹が昔昔、
「空を貫く大蛇が龍になるときの姿。」と、
考えられていた話を、
聞かされてから、かもしれません。


虹が龍だなんて、素敵でしょう✨



あ、もちろん龍は、
爬虫類ではありませんけどね。



私と一緒にいてくれる龍、
縁(えにし)と玄(ふかし)も、
エネルギー体でしか感じられません。


ただ一度だけ、
体外離脱をしたときに、
えにしに会うことができました。
その時のぬくもりは、
今でも忘れられないのですが、
それきり、なかなか会えません。。。


というわけで、
そろそろ、秋も本格的に深まります。
なにか愉しいことを、
考えないといけませんね。


もの悲しい秋にしないで、
うれしい、たのしい、
愉快な秋にしましょうよ。



まずは、去年に引き続き、
プチ遠足をしたいと思います。

ぜひぜひ、皆さまご参加ください。



遠足のイラスト(学校)無料イラスト/フリー素材2




日にちは
11月4日(木)を予定しています。
場所は都内です。

「龍と魔法」みたいなテーマで
なにか愉しい遠足ができたらと思います。

ファンタジーちっくなネーミングですが、
陰陽師系と、
白魔法系、
どちらも欲張ってちーぱっぱ、
なんていうのはいかがでしょう☆


料金は13,000円(ランチ代含む)を予定しています。


お申込みはメールにてお願いいたします。
お問い合わせもお気軽に☆

info(at)tamayura-moon.com





キャンドル, スペース, 木材, パガンにおけ, 五芒星, 空気, 幽霊, 地球




















2021_09_28


ミィちゃんのご主人が旅立ちました。


 ミィちゃん(仮名)は、
一緒に学ぶ仲間であり、友だちであり、
私にとって妹分のような、
そんな存在です。


ミィちゃんの愛するご主人が旅立ちました。




何度も奇跡をおこして
とてつもない強さを示してくれた
ミィちゃんの御主人。


愛と共に生ききった
天晴れな人生をおくられた
ミィちゃんの御主人。



静かに宇宙に還ってゆきました。



これからは
いつも空から、みなさんを
見守り
ときに風になり、雨になり
雲になり
光になって
きっと、そばに。



だからこそ、
のこされたひとたちは
幸せでいることが、何より肝心なことですよね。
そう思いながら生きることができるとしたら、
よりより、絆がはっきり見えてくるのじゃないか、と




どうか。
どうか。









歌詞はこちらに






ゆっくりと
かなしみが
はがれてゆきますように。
祈りをこめて。








2021_09_25


きのう9月22日は、
結婚記念日でした。


というわけで、
きょうは完全にプライベートな内容のため、
興味のない方は、
スルーしてくださいね。




20周年ということで、
ワクワク度も、いつもより増して
迎えた記念日でした。

2E7F8A2A-.jpg


つき合っていた頃、
よく訪れた店や公園を散歩して
映画をみたり、
ちょっと昔をたどってみました。




お店はいくつか閉店していて、
違うお店になっているところも。
さみしいけれど、
そりゃ20年て、
それくらい歴史が動く時間だよね。

いまの自粛で、
たまたま休業のところもあって、
楽しみにしていた分、残念だったり。



でも久しぶりに
デートコースを歩いて、
なつかしく、愉快。


5時間くらい歩き回ったのですが、
ちょっと歩くと、
暑いだの、疲れただの、
喉が渇いただの。
昔はいくら歩いても
疲れ知らずだったのに。(主に私)

お互い、
ジジババになりました(笑)




ディナーは、
一番の思い出のお店に。
A8B40B22-.jpg


夜景がきれいで、
贅沢な時間です。




IMG_5087.jpgIMG_5088.jpg



照明が暗くて、
お料理はあまりきれいに撮れませんが
どれも美味しくて、
いつ行ってもハズレなし。
さすがのクオリティに大満足です。



IMG_5089.jpgIMG_5090.jpg



コースで注文したのですが、
4品と5品から選べて、
お腹空いていたし、
5品で!と欲張って頼んだものの
お腹いっぱい。

もともと大食いの私。
以前はこれくらい平気だったのに


来年からは、私は4品にしよう(^-^;
く~胃袋もババになったのね。





IMG_5091.jpgIMG_5094.jpg


お腹が一杯でも入ってしまう、
美味しいお料理たち。




IMG_5096.jpg
メインディッシュ前に口直しのソルベ
これが大人の味~✨
ざくろと、梨と、なんとかって言ってたけど、
なんだっけな?(笑)

初めての味わいでした。



F7A28FAD-.jpgIMG_5098.jpg

メインのときには
私はもうおなかいっぱい。



IMG_5100.jpg

と云いながら、
デザートは食べる(笑)



お腹ぱんぷくりんです。

EB528460-.jpg



まだ付き合っていた頃、
私が彼に初めてプレゼントしたものは、
シルバーの指輪でした。

決して高いものではないのですが、
イタリアのデザイナーさんの作品で、
ひとつずつにテーマがあるシリーズでした。


私は「出逢い」という、
シンプルなデザインのものを選び、
それが初プレゼントでした。

初めてのクリスマスだったかな。


その日から毎日、身に着けてくれて。
結婚してからもずっと。


毎日、左手に結婚指輪、
右手に出逢いの指輪。


結婚して20年、毎日、
朝、指にはめる姿を見てきました。


ことし、20周年の節目に、
少しだけグレードアップしたくて、
去年からずっと何がいいかリサーチ。

で、以前のブログに書いた
クロムハーツに繋がります。


ちょびっと、私には背伸びしたものですが、
この日のために、ちびちび貯金していました(^-^;



サプライズなので、
サイズがわからず、
合わなかったらどうしよう(サイズ直しができないデザイン)
と、ドキドキでしたが、
これまたぴったり✨


気に入ってくれて、喜んでくれたのですが、
22年前の指輪もつけるそうで(^-^;


もう卒業してもらいたかったのに。


まあ、そういうところが
夫らしいというか、
なんというか。


〇〇真面目な、おひとです(^-^;



F6BCFF84-.jpg
家に帰ってから、
娘に撮影してもらった、
お気に入りの一枚です。



いつもありがとうございます。









2021_09_23


中秋の名月ですね。
しかも満月にあたりました。

お月見ができていますでしょうか。



D51FE952-.jpg
空に姿を現した頃




よく、「新月に願い」を
「満月には感謝」を、といわれ、
満月にまで願いをかけるなんて
欲張りだ、みたいなことを
聞くこともあります。


そうかな。


そんなこと、ないです。


いつだって、
お月さまは
見守ってくれて、

いつだって、
願いをかけても
ほほえんでくれますよ。


だから、
願ってもいいし、
祈ってもいいよ。




私も一緒に
祈ります。


4E98F2E9-.jpg

 

落ちてきたら

今度は

もっと高く

もっともっと高く

何度でも打ち上げよう

 

美しい

願いごとのように



「紙風船」 黒田三郎(詩集『もっと高く』1964年刊)

 





何度でも、形が崩れても
息をふきこんで、
願いを高くあげてね。



84505452-.jpg


月の光が、
あなたの大切なひとにも
届きますように。











2021_09_21


いいお天気!
青空はしあわせですね。


散歩をしていると、
あちらこちらに
草花を見かけるようになり、
思わず足を止めてしまいます。


春は花、
秋は花野。


秋の七草は、
美しさを愛でるため、といわれています。


その中の
桔梗のこと。





桔梗の花には
正確な五芒星がみえます。


五芒星は
「清明桔梗」と呼ばれていました。



自然界には、
五弁の花は多いのですって。



らせんや、
幾何学は宇宙の星たちにつながります。
星星の動きとつながる、
神秘の図形。



宇宙はあちらこちらに。



花の中にも。




私たちの指も、五本ですね。



いまでは
絶滅危惧種に指定されてしまった桔梗。



自生の桔梗は、
ほとんど見ることができません。




自然界に存在する、
たくさんのせんせい。



見えないものを
見せてくれるのは
いつだって、
自然界のせんせい。





きのう、娘の用事で
急きょ出かけたところ、
思いのほか時間がかかり、
急ぎ足で帰ってきた夕暮れ。



落ち込みそうな私の前に
あらわれたのは
自然界のせんせい。



B53DC414-.jpg

わたしを慰めてくれた夕陽と月。



35908691-.jpg


ただただ、包まれた。





E8862CCB-.jpg

言葉もなく、
ただ。














2021_09_20


08  « 2021_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top