fc2ブログ



雨が降っています。
少しの間、雨が続きそうですね。
このまま、梅雨入りとなりそうな。。。

さて、とっても嬉しいことがあったので
ご紹介させてくださいね。

ヒトミさん(仮名)50代女性
数日前、下腹部に激痛、眠れないほどで大学病院の救急にかかり、
レントゲンと問診で便秘という診断。
アセトアミノフェンを処方されて帰宅したそうです。

ところが、その後また激痛で眠れなくなり、
今度はかかりつけ医のところに行ったそうです。
血液検査、尿検査、エコー検査で尿管結石か、水腎症の疑いと。
泌尿器科を紹介されたそうです。

薬が効いてるときは動けるけど、
常に痛みがあり、仕事があるので痛み止めを飲んでいると、
お医者さんからは強い座薬を出されたとのこと。
背中に引っ張られる痛みがあるとのことでした。


私が知ったのはこの時点でした。
その日は直傳靈氣だけを流しました。

翌日から多次元の遠隔ヒーリンングをしていきました。


筋反射では水腎症ではなく、
尿管結石と出ました。


前世や、カルマからくるもの、
宇宙系遺伝からくるもの、
要因はいろいろありましたが、
とにかくひとのために一生懸命尽くす方なのです。

失望させたくない、
がっかりさせたくない、
頑張りすぎてしまうところがあります。

そして、
今年の1月に大きな要因があると出てきました。

それは御主人のこと。
ちょうど他のご家族も転換期で、
ヒトミさんのサポートが必要なときでした。
決してご本人の体調も万全ではない中、
フル回転で頑張っていたときに、
御主人の体調が思わしくなく、
とても心配されていたのです。

御主人への心配が、ご自身の体調の不安と相まって、
不安が恐れに変わり、
蓄積されていきました。

もちろん、この時だけではなく、
それは少しずつ、少しずつ
ヒトミさんの中に溜まっていたものだったのです。

レプの浄化、
腰椎、仙骨、尾骨の調整をして、
経絡の調整をして一回目は終了。
尿管の統合率は10%から70%まで上がりました。


翌日、痛みも少し和らいだ気がするということでしたので、
このまま続けるのがいいのではないかと、
泌尿器科の予約の日まで、
毎日、遠隔ヒーリングをすることにしました。

2日目、尿管のエネルギーは30%まで落ちていました。
一進一退は想定通りですから、
むしろ、30%であったことに感謝です。


やはり筋反射で選ばれたのは、
御主人とのエネルギーコードでした。
これをカットするために、グラウンディングの調整と、
さらに前世も選ばれて、
8つ前の前世のヒーリングをしました。

エネルギーは60%になりました。


ご本人の感覚もだんだん落ち着いてきているのがわかりました。


3日目の夜、
これまでとは違う感触があり、
イシスブルームーンのヒーリング、
イシスとホルスがサポートしてくれて、
アンクも大活躍してくれました。

アンクはもわもわ、熱を帯びて、
ぬおぉぉ、と声が出てしまったくらい(^-^;

感動のヒーリングができました。

4日目、私の中では確信があり、
安心の中でヒーリングをしていきました。

ヒトミさんにも、アファメーションを唱えてもらい、
そのまま眠っていただきました。

見える尿管の色が全く違うようになったので、
翌日の病院は大丈夫かも。。と内心思っていたのですが、
こればかりは、ちゃんと結果を聞くまでわかりません。


そして、今日。
病院から帰ったヒトミさんから
何もなかったと報告を受けました。


尿もキレイで、CTも尿管になにもない。
泌尿器科の医師からは、
痛みは別の問題だったのでは?
整形に行ってみた?と、言われたそうです。


うううぅぅ。。
うれしい~~~~~~~~~!!!!!!!


何がって、私を信じて受けてくださったヒトミさんが
もう苦しんでない事が!!


痛くないって言ってくださることが。


喜んでくださることが。。。



ご家族への心配のことも、
よく理解してくださいました。

この素直さが、近道なんです、本当に。。
ここがないと、やはり変容は起きないんですよね。


よかった~~本当に嬉しくて、
私まで癒されました。

ありがとうございます。
ヒトミさん。
こんな素晴らしい症例を与えてくださって。

励みになります。


さて、
この素直さ、今日はもう一人いらっしゃいました。
大きな変容を起した方が。


お久しぶりの、こたろうさん(仮名)です。


こちらはまた、明日か後日に☆






11F94616-.jpg

この不格好なのは、つくねです(^-^;


今日はめずらしく、ひとりでワインを飲みました。
お酒、弱いのですけどね💦


あまりに嬉しくて、
セッションと、
遠隔ヒーリング、
どちらもほんとうに祝福で。


ひとりで乾杯、しましたとさ。



ありがとうございます。


2022_05_13


ひんやりが戻ってきました。
この時季は一番着るものに困りますね。


この綱引きのような
移り変わるまでの季節。
本当にたくさんの方から
体調不良のお声があります。


ストレスと云ってしまうと、
ひと言で片付けられてしまいますが、
その強弱も、内容も、人それぞれです。
同じような内容でも、
立場や経験、そしてその人の信念や背景でも変わってきます。



少し前、声が出なくなったという
10代のお嬢さんが、
お母様を通じてご相談に来られました。
朝起きたら、声が出なくなっていた、と。


夢子ちゃん(仮名)


お母様は風邪かと思ったけど、
ほかに症状はなく、
病院に行こうと思うけど
本人が嫌がっていて。。とのこと。


この春、高校に入学したばかり、
学校はとても楽しいそうです。


ご家庭も、ご両親の中は良く、
特に不満はないのだとか。


筋反射だと、厳しいご両親のようですが、
素直なお嬢様は、愛あればこそと受け止め、
ご両親の導かれるままに育ったようでした。


完璧主義、
人を傷つけてはいけない、
自分に何かできることが自分の価値、
自信がない、
などなど、たくさんの情報が上がってきました。


前世も、
もちろんインナーチャイルドも。


高校生ということもあり、
お母様がご一緒でしたが、
2人だけでお話しさせてもらいました。


声が出ないといっても
かすれ声がときどき出ます。


学校は楽しい?
嬉しそうに頷く夢子ちゃん。

部活はまだこれからで、
いろいろ考えて楽しみだそうです。


悩み事は特にないそうです。


恋バナも、教えてくれました。
そうして、2人で話が脱線しながら、
2時間、お喋りして(筆談を交えつつ)
受験の時のことを聞くうちに、
少しずつ様子が変わってきました。


入学した学校は、第三希望だったこと
第一志望には絶対に受かる自信があったこと。


そして何より、
小学校のころから憧れて、どうしても行きたかった、と。
ご両親も全面的に応援してくれて、
感謝でいっぱい。
それなのに。。


彼女の目に涙が。


私も胸がぎゅっとなりました。
夢子ちゃんの思いが、一気に流れ込んできたから。


私は「いいんじゃない?」と声をかけました。
もう、泣いてもいいんじゃない?
我慢しなくていいんじゃない?
ご両親を心配させないようにとか、考えなくていいんだよ。
偉そうに言うけど、MIKAさんも親だから許してね。
親なんてさ、子どもの心配するのが嬉しいんだよ。
だから心配かけないようになんて、思わないで。


涙をこらえるように、静かに泣いていた夢子ちゃん。


悔しかったね、報われない思いでいっぱいだったでしょう?
その気持ち、夢子ちゃんが認めてあげないと、
誰が可哀想なの?お母さん?お父さん?
違うよね、頑張った夢子ちゃんだよね。
悔しいよねってちゃんと認めてあげて。


すると、堰を切ったように泣きだしました。
わんわん、わんわん、
声をあげて。


ご両親を悲しませたくないから、
私は大丈夫!と振る舞っていたのでした。
周りに、私はこの学校が好き!ということで
全然大丈夫だもんね~というアピールをしていたのです。

本当は悔しくて悔しくて、
張り裂けそうな思いがありました。



泣くというのは、
浄化だなと思います。



浄化も無しに、
新しいことがなだれ込んできたら、
それは混濁でしかないのですよね。


悔しさも自分の一部と認めてから、
ありのままの自分を出せるようになります。



聡明で素直な夢子ちゃん。
声はちゃんと出るようになりました。



お母様もそこで合流していただき、
お2人でまた号泣でした。


きっと、
私も娘にこんな思いをさせることが
あったのではないかな、と
ちょっぴり切ない
思いにもなってみたり。


さあ!
春は、始まったばかり。

佳きみちが、つづいていますね。
きっと。ね。





sakura87_L.jpg

桜の後にも、
美しい花たちが
出番を待つ、春です。






2022_04_16


少し動くと汗ばむ陽気で、半袖の出番でした。
お天気がいいと、
外に行きたくなりますが、
今日は残念ながら、一歩も出られず💦

明日のオンライン講座の準備が
相変わらず、バタバタです💦



このところ、若いひとへの
ヒーリングが続きました。

10代の方も、
20代の方も、
4歳ちゃんもいました。


皆さん、無邪気で可愛らしく、
その笑顔に
私が癒されます!という感じ(^-^)


無邪気だけれど、
しっかりと将来を見据えていて
素晴らしいです。


今回のケースは、わかばさん(仮名)20歳
ご自分でも、ストレスの流し方は
あまり上手ではないと認識しているけれど、
最近、ガツンときてしまい、
腰痛や肩こりが辛くなったり、
ときどき動くことも嫌になるそう。

自己表現の問題や
トラウマ、インナーチャイルドなど
たくさんのことが上がってきますが、
一番は自己価値の低さでした。


詳細は省きますが、
ヒーリングのほかに、
お土産として
お家でひとりでできる
呼吸法をお伝えしました。


簡単な気功体操です。


とても気に入って、
喜んでくれました。


今は、当たり前のように競争社会ですから
知らず知らず、
ストレスに飲み込まれてしまうことがあると思います。


大人だってそうなのに、
ましてや若い方は
自己主張や、自分を守る術(すべ)を知らないうちに
大きな渦にのみこまれています。



「たいしたことない」と思いこんだり、
感情を抑えようとしても、
上手くいきません。
頭と心がバラバラだからです。


頭だけが大きくなって
怒りや悲しみや、
ストレスでいっぱいだと、
身体は死んでいる状態。

動かない状態なんです。


いつも同じように
全身で生きるって、
案外できていないのですが、
そのことにも
気づかない人が多いのです。


気づいたらもとに戻すだけ。
がんばって何かしなくても、
気づいたら静かに立つだけでいいのです。



人間は、自分の存在を感じられないと
ストレスを覚えるそうです。

だから子供を抱きしめるのは、とてもだいじ。
「あなたはここにいるんだよ」
抱きしめることで、感じてもらえるからです。


それは大人も同じです。
たとえば、
自分の片腕を丁寧にさすると、
力が抜け、腕が重たくなります。
さするだけでリラックスしてくるのです。

そのとき、もう片方の腕は、
まだ緊張しているので、軽い状態。
自分がここにいるよと、存在を認識するだけで、
すごく安心してリラックスできるのです。


自分の存在を感じられないと、
痛みによって存在を
確認しようとすることさえあるのです。
精神的にも、肉体的にも、です。

「まだまだ」な自分だと、
不十分感が抜けず、
身体を壊してもなお、頑張ってしまうとかも
そうだと思います。


でも、本当は痛みは必要ないし、
もっと楽でいいはずです。


そのために、
できることのひとつが
気功などの呼吸です。



体に意識を向けたり、
呼吸に意識を向けてゆきます。


「自分のリズム」で呼吸できているか。
体の状態はどうか、
緊張していないか、硬くなっていないか、
自分で自分を見ていくのです。


全身をさするのは、
瞑想の方法でもありますが、
気功でもやります。

意識だけを向けるときもありますが、
自分の手で丁寧にさするだけで、
不思議と緊張がとけてゆきます。




「ここにいて、いいんだよ」
「ありがとう」








そうそう、
笑って笑って笑う気功もあります。
今はそれにはまっています。


よかったら一緒に、
笑ってみて。





E7924019-.jpg

甘い香りに包まれて
ひとときの贅沢に包まれます。


黄色のフリージアの花言葉は
「無邪気」ですって。


今週はたくさんの
「無邪気」に会いました♡





2022_04_13


春というより、初夏のような陽気でした。
これで花粉がなかったら最高なのになぁ。


さて昨日のこと。
幼稚園に通う、4歳のお子さんの遠隔ヒーリングをしました。

ちょっと、驚く内容だったので
お母様の許可をいただき、
少しだけシェアしたいと思います。

ご依頼内容は、体調不良。
風邪をひいたのか、昨夜鼻づまりで眠れず、朝から発熱。
さらに前の日から、耳の痛みもあるとのこと。

お熱はそのとき38度近くありました。

まずは筋反射を取りつつ、情報をあげていきます。


最初に偏桃体の感情が上がってきて、
これはいったい??という感じでした。
(偏桃体は脳の感情を司る中枢です。)
さらに、「疲れ、エネルギー不足」というのも上がってきました。

新しい生活に慣れないのかなと思ったのですが、
話はそんなに単純ではありませんでした。


筋反射の情報をもとに、
確認しないと進まないことになり
チャットで、お母様とやり取りをしつつ
進めていきました。

一週間以内に感情が揺さぶられる出来事が
なかったか、お聞きすると。。

お母様曰く、
幼稚園での「とある出来事」を思い出して
かなりナーバスになっていたと。
習い事の水泳教室にも、
大泣きして行きたがらなかったと。

上記の内容で見事IMCが降り、
そこから一気に繋がって行きました。

幼稚園の去年のクラスで、
担任の先生がとても厳しく怖い先生だったそうです。

制服の襟が、ベストからでてしまうと、
自分で中に仕舞わなければいけないそうで、
練習させられるも、上手にできず、
とうとう教室の外に出されてしまったそうです。
それが、一回や二回ではないらしく。。。

他にも、いろいろな抑圧もあり、
その先生はほかの保護者の間でも
恐怖教育で有名だとか。



要因は、感情、精神的が選ばれて、
トラウマが判明。
プライドが傷ついている、
傷つく恐れ、恐怖心。
さらに忠誠心もあるので、うまくできないことが
先生の期待に応えられず、悲しいという感情もあります。

忠誠心とは、大げさな表現に聞こえるかもしれませんが、
子供ですから、先生に褒められたい気持ちがあります。
ましてや怖い先生だから、
「先生の言うことは絶対」的な指導をしているわけで。

言うとおりにできない自分を悲しいと思うし、
大人への恐怖心がありました。

それはイコールで幼稚園という場所ともリンクしていました。
幼稚園に行けば、思い出します。
たとえ頭で忘れたと思っていても、
そこに悲しみのエネルギー、恐怖のエネルギーが残っているので、
幼稚園にいくたび、
リンクして受けている状態です。
受ければ、エネルギーは重くなります。
エネルギーが重くなるということは、エネルギー不足と同じです。

だからエネルギー不足と出ていたのですね。

では、身体の症状として
耳の痛み、鼻づまり、発熱といのは
どうつながっていくかというところですが、

まず、耳というのは奥にリンパ液を保持して、
平衡感覚を司ってコントロールしています。
リンパ液というのは、ある意味、記憶物質なんです。
だから、辛い事や嫌なこと聞きたくない事を言われたり、
大きなストレスが続くと、
耳が弱ってしまうし、難聴を起こしたりします。
また、自分で自分のバランスが
取れなくなってるときにも、耳に症状がでます。

小さい子は、「大人の言うことが正しい」と刷り込まれるから、
言いたいことも言えないですし、
溜まる一方になりがちです。

鼻は呼吸器でもあり、感覚器でもあります。
周りの「気」を吸うところでもあるので、
ここは気が悪いとか、自分に合うかどうか、
呼吸器が察知してくれます。
外気っていうのは害にもなりますので、
鼻が門番になって、身体の中に入れないようにしています。

だから空気の悪いところ、
エネルギーが自分と合わないところだと
呼吸が浅くなって、免疫が落ちたりもするし、
鼻が蓋をして、これ以上入らないようにします。
外に出すことができないで、
溜めているのが鼻づまり、蓋をした状態。
鼻水がでるのは、ちょっとずつ、
中の合わないものを、外に出そうとしているときです。

この呼吸器というのは、
中医学のエレメントである陰陽五行でいうと
「木火土金水」の「金」になります。
コミュニケーションも、免疫もここ。
感情で言うと、悲しみを司ります。

さらに「金」の憂いや悲しみが度を越すと肺が冒され、
気分が落ち込み、乾燥によって肺経や大腸経に悪影響を及ぼし、
「咳嗽(がいそう)寒熱」と言って風邪を引いた状態になります。

発熱はとにかく、
体内にある邪気を出そうと頑張っているところでした。


耳は鼻詰まり、発熱の前兆として、痛みが出たと考えられます。

筋反射で見ると、
まさに大腸経絡が弱っていました。
上記の理由からと思われます。


まさかの内容に驚きつつ、
こんな小さい子が悲しみと恐怖心を
隠し持っていることに、
胸が痛くなりました。


調整は、霊的エネルギーの浄化をしていき、
いくつかの調整法を試しています。
そして、アセンテッドマスターにお願いすると
ハトホルが力を貸してくれました。
深いハトホルの慈愛のエネルギーは、
トラウマを癒し、守られる感覚に包まれます。

さらに直傳靈氣と、
pearl of lightのヒーリング。

エナジェティクスの経絡調整もしています。


63%だったエネルギーは
103%になりました。


今朝、お母様からのご報告によると、
夕べは鼻づまりに苦しむこともなく、
快適に眠れていたそうです。
熱も下がり、今日は平熱とのことでした。


エネルギーコードもあったのですが、
そこの解除まではできませんでした。
まだ安全ではないと出てしまうので、
もう少ししたら、対面でやれたらなあと思っています。


でも、まずはお母様に、
簡単なツボと経絡を刺激するやり方、
EFTと一緒にお伝えして、
お母様の手でやってもらうのが
お子さんにとって、安心の中で、
感情解放ができるかなと思います。

子どもが安心できる状態が一番ですからね。



こうした幼いころの経験、
特に怖いとか、不安、心配というのは
そのままエネルギーとして残ります。


そのときの恐怖や、不安な気持ちが
解消されないまま、
潜在意識にあるということは、
別の関係ない怖い思いや、不安があるときにも
それが潜在意識に積み重なってしまうのです。


どんなに怖くても、
時間が経てば、感覚としては薄れていく、
記憶だって、
大きくなれば、
どんどん曖昧になって、
大丈夫だと思うかもしれません。


ところが、潜在意識に積み重なったエネルギーは
大きくなる一方なのです。
小さな恐れが、どんどん、
どんどん積まれて大きくなり、
恐怖症が発症したり、
理由もわからず、「○○が苦手です」という方は
多いと思います。


インナーチャイルドが大事といわれる所以ですね。


だからこそ、
小さなひとたちを守るのは
大人の役目じゃないかなあと
私は思うのですが。。。


だって、
元気な笑い声と、
笑顔にまさる宝はないでしょう?


ずーっと笑っていてほしいです。
世界中の子供たちに。

世界中の、みんなに。




2022_04_12


昨日は寒かったですね~。
気温は1月並みだったとか。

雨と風も強くて、
桜も散ってしまったかな。



いま、毎日ヒーリングがそばにあります。

クライアントさんのセッションのほかに、
自己ヒーリングをして、
遠隔ヒーリングもします。

とうとう、ヒーリングをしない日は
一日たりともない、といえるまでになりました。

もっとも、お仕事だけじゃなく、
家族にやるヒーリングも含めて、なのですが。

そんな今、あらためて思うことは
私はヒーリングが好きだなあということ。


どんなことも、そうであるように、
その人の体験はその人のもの。
同じことが別の人に起こるわけでもありません。
それぞれの人に、
必要なことが起こるだけだと思っています。

ヒーリングも、同じこと。
人の体験が、それぞれであるように、
同じヒーリングをしても、
必要なことはそれぞれ違うので、
同じものはありません。

お伝えすることでも、
同じ言葉でも受けとめ方が違いますし、
その人の生きてきた道のりや
心の持ちようで、
言葉の趣も変わってくるものです。

言葉とは、わかったつもりでも
実はそうでもないことがたくさんあります。


だからこそ、ヒーリングにおいては
自分の主観をいれて話してはいけませんし、
ただのパイプのように
伝えること、ただそれだけなのですよね。


そのときにわからなかったことでも、
いつか実感できる体験をしていくのだということも、
ヒーリングを通して学んだことです。


生きることは、言葉の意味を
体験を通して知っていくことなのだと。
そうやって生きていけることが
嬉しく、尊いとも思います。


このことは、
気功にも通じることだと
気づきました。


滞りのない体で、静かな心で、
天地をつなぐ透明なパイプのようになって
風となり、心と体をつなぎ、
循環させるイメージ。と。


だから、私は気功も、
ヒーリングも好きなんだなあと思います。


「せねばならない」から
私を救ってれたのが
気功であり、
ヒーリングだったなあと。


ありがたいなあ。

好きと思えることを、
一番近くに置くことができて。

好きと思うことを、
信じることができて。



そわそわ、どきどき、
でも、わくわくしながら、
ヒーリングを仕事にした頃の私は、
反対していた家族の手前、
焦りも抱えていましたし、
結果を求めることばかりだったような気がします。



それでも、そこが私の原点。
そわそわも、どきどきも、
わくわくも、忘れたくありません。



最近、私のヒーリングを受けて下さる方から、
MIKAさんの遠隔ヒーリングを教えて欲しいと、
お話しがありました。

マンツーマンでもいいから、
講座をお願いしたいと。


「ヒーリングにずっと興味があったけれど、
特別な力がない自分には、できないと思っている。」
でも、自分でも家族にヒーリングがしたいからと。

そして、
「あこがれのヒーリングをいつか、
仕事にできたら。。それほど嬉しいことはないけれど、
それは夢です。」
才能も、家族の協力も、無いので。。と。



夢が遠いと思うのは、
「したい」と思っているだけで、
「する」と決めていないから。

これは私がそうでした。


できるとか、できないとか
家族を巻き込んでの思い込みです。

言い訳だけが上手になって、
たのしいこと、おもしろいことが
置いてけぼりになる前に。。。


そこへ行くと決めたら、
やると決めたら、
残る道のりは、ぐっと近くなっているはずです。


「でも
MIKAさんみたいに才能が――。
家族が反対していて―――。」



えっと、
私は才能があると思ったことは一度もないし、
今でも道半ばで、
学びたいことが山ほどあります。


だけど、気づいたことがもうひとつだけ。



あのね、才能も大事だけれども、
それより「その気」になることがだいじ。
「好き」をしごとにするときには、
「その気」になって初めて、
見えない力にも、見える誰かさんたちにも、
応援してもらえる。。。


ね。



遠隔ヒーリングの講座は
私にとっても、
あたらしいチャレンジです。



「その気」になろうかな。













2022_04_05


04  « 2022_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top