FC2ブログ





この頃、食べ物の引き寄せがすごい。。。

ブドウが食べたいと思っていたら

50A1ADDF-.jpg

これは知り合いからいただいた葡萄。
お馴染みのシャインマスカットと、
ブラックビートというそう。

今が旬の秋の味覚です。


今年の夏は身体に堪えるほどの暑さでしたが
朝晩は落ち着く気温になりました。


たとえ、外気の温度がどうであっても

その季節に、その季節らしいものを食べたり、
身にまとったり、目にしたり。

そういうことで「からだ」は敏感に季節を感じ取ります。
季節の移り変わりを知ることは
だいじなことなのです。

暦を読むというのは、
運の流れを読むことに通じます。



人の素晴らしいところは
本能的に、暦を知らなくとも
そのようなことに気づいていくということ。


人は季節を感じることで、
自然と次に何が来るのかを感じ、準備をします。


そうして、その季節を心から堪能し、味わい、
楽しみごとを通して、溢れんばかりの感謝となります。


これが心の余裕になります。



氣運をよむ、感じる。




たとえ、どこに行かなくても、

自分の中でしっかりと季節を感じて行くことは
運を感じて行くこと。


季節を味わい
旬のものを取り入れて、
ほんの少し運を先取りするつもりで。


22日は秋分の日。

季節は何を伝えてくれているでしょうか。




いつもありがとうございます。
MIKA




2020_09_20



今日は大切な用事があって桜新町へ。

FE07F15E-.jpg

桜新町といえば、サザエさん。


サザエさんは子供のころからずーっと親しんできた
国民的キャラクターです。

子どもの頃は4コマ漫画も全巻、家にありました。


私は家族から「サザエさん」と云われていまして。。。

それは単純に、
私がおっちょこちょいだったり、そそっかしいので


「はだしでかけてく陽気なサザエさん」
「財布を忘れて愉快なサザエさん」

という歌詞そのまんまのイメージから、呼ばれています(^-^;

昔はそういわれるのが嫌で
ひっど~い、そこまでじゃないわよ!って思っていたのですが

最近では、サザエさんに申し訳ないと思うほど
私のドジでそそっかしいエピソードは、増えるばかり。。。
トホホ。



6E3F6962-.jpg142EB077-.jpg


町中、いたるところにサザエさん一家が。


あそこにも1895D5BC-.jpgB73F2117-.jpgここにも



子どもの頃の私には、
サザエさんのこと、そういう
「そそっかしい」イメージしか、見てとれなかったけれど

じつは、とても聡明で、
思いやりと愛に満ちた
強くやさしい女性ですよね。

使う言葉も、きちんとしている。
美しいのです。


だから、サザエさんと云われることが
今ではほんのちょっぴりこそばゆいくらいに
嬉しいことになりました。


むしろ、私はサザエさんを目指したい。
サザエさんのように
愛の人になりたい。

D86260E7-.jpg
F93F6B8B-.jpg



サザエさんの歌、どなたでも聞いたことはあると思うのですが
かみしめて歌詞を感じたことありますか?





「サザエさん」

林春生作詞・筒美京平作曲

お魚くわえたどら猫 追っかけて
はだしでかけてく 陽気なサザエさん
みんなが笑ってる お日さまも笑ってる
ルルルルルル 今日もいい天気

子供を集めて広場で 草野球
打っても投げても 元気なサザエさん
みんなが笑ってる 青空も笑ってる
ルルルルルル 今日もいい天気

買物しようと町まで 出かけたが
財布を忘れて 愉快なサザエさん
みんなが笑ってる 子犬も笑ってる
ルルルルルル 今日もいい天気

明るい笑顔に幸せが ついてくる
楽しい仲間と 陽気なサザエさん
みんなが笑ってる 夕焼けも笑ってる
ルルルルルル あしたもいい天気





こんなに素敵な人っています?

いつも元気で、陽気で
笑顔をみんなに分けていて。
周りのみんなが笑顔になって。

免疫力あげまくりですよ。

みんなが笑ってるって。


お日さまも
青空も笑ってるって

子犬も
夕焼けも笑ってるって


なんてしあわせな光景でしょう。



サザエさんにとってきっと
敵なんてないだろうな。


ワンネスをその生き方で表現してくれているなあと


素敵なすてきな女性です。




IMG_2192.jpg

憧れの人、サザエさん。




ぱくっと食べちゃった( *´艸`)





いつもありがとうございます。
MIKA








2020_09_18



今週から、二十四節気は「白露(はくろ)」へ移っていますね。


二十四節気(にじゅうしせっき)は、
日本の1年を24等分し、
立春からはじまり大寒で締めくくられる
約15日ごとに移ろう細やかな季節です。


白露の頃、秋の気配がいっそう色濃くなり、
野の草に「しらつゆ」が宿りはじめます。
しらつゆは日の光を浴び、白く光って見えます。
ようやく残暑も落ち着き、朝夕の涼しさが感じられる頃になります。

といっても日中は、ほんとうにまだまだ暑いですね(^-^;



そして今日、9月9日は
「重陽の節句」です。

「重陽の節句」は五節句の一つ。

陰陽思想で奇数は、陽数といって陽の気を持ちます。

「9」は、陽数で一番強い陽の気。
その一番強い陽が9月9日で、二つ重なるから
「重陽」となるわけです。


一方で、
陽の気が強すぎて、不吉なことが起こりやすい日。。ともいわれ
邪気を払いつつ、
無病息災を願う節句の風習が行われるようになりました。


天皇や宮中の人々は、菊を眺めたり、
菊酒(菊の花を浮かべた酒)を飲んだり、
詩を詠んだり(菊合わせ)して楽しみました。

菊の花には不老長寿の力があるとされ、
長寿を願うために使われていました。


陽が過ぎると不吉と云われたのですね。。。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとし、
陽も過ぎれば陰に転ずるということでしょうか。

それでも、
陽の氣を思う存分味わって

素直に吉日を迎えたいなあと思います。


皆さまはなにかいいことがあったでしょうか。


陽の満ちる今日。
心から笑顔でありますように。






先日ご案内した「護符」について、
ご予約をいただきありがとうございました。

9月はご予約の受付期間です。
実際におつくりするのは10月。
お渡しは11月になります。



さて、明日からいよいよ
ホリスティックセラピスト塾が始まります。

ベーシッククラスではありますが、
かなりのボリューム。。。。(・∀・)

昨日、第一回目のテキストを皆さんにお配りしました。

この後の資料も、まだひぃひぃ言いながら作っております(^-^;

明日はどんなことになるか、
楽しみです!



皆さまどうぞ
佳いお節句を

いつもありがとうございます。
MIKA







2020_09_09



暑い日には冷や麦が美味しいですね。
冷や麦IMG_2013
夏のお昼ご飯の定番でした。



なにもかも
不思議な特別な夏でした。


閉ざされていた扉が
開いたような
そんな夏でもありました。



皆さまにとって
どんな夏だったでしょうか。


今年は子供たちにとっても特別な夏でしたね。
夏休みの思い出は、
たのしいものになっているでしょうか。


私たちの子供のころは
外で遊ぶことばかり。
真っ黒に日焼けして、走り回っていました。
お腹が空くのも忘れて、夕焼けを追いかけるような
そんな夏休みでした。


楽しかったことしか思い出せない、
夏の匂いと音と、あの空気。


夏休みの宿題は、いつだって8月31日でした(^-^;


夏の風景はいつまでも心に残る珠玉の思い出です。



どうかいつの時代も
子どもたちにとって
宝もの以上の思い出がその胸に

深くふかく、刻まれますように。






9月からはじまる
「ホリスティックセラピスト塾」
一期生、まだ募集しています。

心と体と魂と
ちょっぴりマニアックにお勉強しませんか。

お問い合わせはお気軽に☆






呼吸法を始めてから
身体も緩まるし
お肌も調子がいいです。

なにより、解放が半端ない。。。

生きるのがラクになります。


もっとしあわせになっていいんだなぁ、私も。




いつもありがとうございます。
MIKA





2020_08_31





もう日が暮れる頃

大きな雲0860E9F0-

二子玉川までお散歩に。




ちょうど多摩川を渡るとき

ふと見上げる空に大きな雲が


存在感FA3AC779-

圧倒されるような存在感!


天使の梯子もわかりますか?

夕焼けの空1B5D4A73-


このあともっともっと広がって、
雲がさざれのようになってゆきました。


そのときは建物に入ってしまっていて
写真におさめられなかったけれど
窓から見える空は感動的でした。




今日はこれだけアップしたくて。




明日もきっと佳い日ですね。



ひとりひとりが
それぞれ自分を知り
ペースを保って進めますように。


ゆったり、堂堂と。
やさしい気持ちで、堂堂と。





いつもありがとうございます。
MIKA



2020_08_30


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top