FC2ブログ



お盆があけて、日常が戻ってきました。
短い夏休みが終わりました。



呼吸してますか?


そのまえに、

「立つ」ことできますか?
ラクに、やさしく立てますか?

「歩く」こと、できますか?
ラクに、丁寧に歩けますか?


呼吸法や瞑想でも、
立禅や、
歩く瞑想というのがありますが、


たとえば歩くこと。

実際に歩いてみましょう、というと、


筋肉の使い方を気にし過ぎて、
余計な力が入ったり、
今度は緊張しないようにと、
意識し過ぎて、
ぎこちなくなったり。


ところが、
「自由に歩いていい」と
声をかけたととたん、
歩き方がやわらかくなります。



「まっすぐ歩かなければならない」
「ちゃんと歩かなければならない」

自分の心が、
勝手に思い込みという規制をかけているので、

その規制がとれて、
身体がゆるまりました。


でも、規制をかけたのは
「自分」です。

自分が作った思い込みを
外せたとき、
ひとはゆるまり、身体も自由になるのです。



気功や太極拳の中で、
こういった練習はたくさんしていきますが、
これは日常生活でも
全く同じことがいえます。


誰しも無意識で
たくさんの”ねばならない”を持っていて、
自分を厳しく律しています。


心がゆるめられないのに、
どうして身体がゆるまりましょうか。

逆もまた然り。


自分でも気づかない、
多くの”ねばならない”という
思い込みは、
やはり自分では気づかないまま、
あなた自身を苦しめ、
いじめているのです。


外れるきっかけは人それぞれでしょうが、
自分で認めないうちは
とてもやっかいです。
気づかない限り、
外すことはできません。


ですが必ず、
身体はサインを出します。

ほんの少しの違和感や
バランスの乱れを感じたら、
それはもう危険信号です。

いずれ痛みとなって
身体は悲鳴をあげます。


しかもその痛み(不調)は、
身体が、自分を守ろうとした結果です。
生きようとしているから、です。


痛み(不調)が伝えてくれることは、
もう、がんばらなくていい。ということ。


呼吸をして、
忘れていたしなやかさを取り戻してください。


そしてね、
完ぺきじゃなくていいんだよ。
誰も完ぺきじゃない、
完ぺきなんて、ないんです。


完ぺきにやらねばならない、のは
要らない思い込みだけ。



がんばってきた自分に、
感謝と労わりをもちながら、
しなやかさを
思い出しましょう。




呼吸をしませう。




身体だけではなく、
心もゆるめ、育ててくれます。





月のうら
呼吸のクラス


気功も
武術太極拳も
健康太極拳も
呼吸瞑想も

月の力も
太陽の力も
龍の力も
マスターの力も

みんなみんなかりて、


宇宙とひとつであることを
思い出してゆきましょう。



地球というわたしを
思い出してゆきましょう。



月のうら呼吸のクラス
メンバー募集です。
info(at)tamayura-moon.com




2021_08_16


ベランダに出るだけで、
汗が噴き出る暑さ。

植物に朝夕水やりをしますが、
一緒に水浴びしたい気分になりますね。


すっかり夏休みモードになっていて、
3日間は夜更かしをしてもいいと決めました。
その一日目が昨日。

ちょうど人気だった頃、
全く観ていなかった
「呪術廻戦」
シリーズ1の24話を一気見しました(^-^;

おもしろかった~~✨

遅ればせながら、
ファンになってしまいました。


それにしても、
年々、夜更かしがつらくなり、
翌朝、鏡をみると、
数年分、老けた気がするんです( ;∀;)


せめて自己ヒーリングや、気功で
調えておかないと、
どんどん無理ができなくなっている
そんなお年頃です。。


いま、私が丁寧に行うのは
「肺」の養生です。

暑いですが、陰陽のバランスは変化をはじめ、
自然界ではすべてが成長から成熟へ、
エネルギーが転換してゆきます。


肺は秋に対応していますが、
乾燥が大敵です。

いやいや、こんなに湿度が高いのに、
まだまだ平気!と、思いがちですが、
乾燥が気になってから始めたのでは
遅すぎてしまいます。

肺は皮膚とも関りが深く、
アトピーやさまざまな皮膚のトラブルにも
症状が表れます。


一番いいのは呼吸法、
深い呼吸、
腹式呼吸とよくいわれますが、
そもそも、腹式呼吸を上手にするためには
「肺」を育てる必要があります。


お腹をふくらませて、
お腹を凹ませて。

こうしてお腹を動かすと、
腹式呼吸ができている気になりますが、
気功の先生に言わせると、
お腹だけが動くのは、「ただの腹筋運動」。
「深い腹式呼吸のためには、まず肺を育てなければ。」と
よく言われました。


とても簡単なやり方をご紹介します。

〇足を肩幅に広げ、ゆったりと立ちます。
〇頭は天へ伸びているように、上へ上へと引っ張られるように。
上半身が押しつぶされないようにします。
〇手を身体の前で合わせます。

〇手の中に、氣のボールを作ります。
作れない方はイメージしてください。

〇息を吸うとき、手の中のボールが大きくふくらんでいきます。
両腕が広がり、このときに肺もふくらみます。

〇息を吐きながら、両手のひらで、氣のボールを小さくしていき、
最初の姿勢まで戻ります。



まずは10回から始めてください。
ゆっくり静かに心を落ち着けて、
自分の身体に意識を向けること。
横隔膜が呼吸に応じて、
きちんと上下しているか、をみてください。


座ったままでも大丈夫です。
上半身がつぶれないように、だけ注意してくださいね。


肺の経絡を刺激する気功と、
あわせて行うと、
より効果が出やすいと思います。


簡単な呼吸法、気功です。
ぜひ試してください。



気功のクラスもお待ちしています(^-^)








2021_08_10


8月になりました。
あっというまですね。


8月は、「ホリスティックセラピスト塾」はお休みです。
第一期生の皆さんは、9月で最終回となります。
ということで、
第二期生を募集します。


心と身体と魂と、スピリチュアルなことも含めて
丸ごとひとつの命をみていく、
ヒーラーであり、セラピストを目指す。
そんなクラスです。


9月スタート
お問い合わせはメールからお願いします。



ときどき、ワークショップや講座の
リクエストをいただくのですが、
なんと美容系の講座を希望といただきました(^-^;
これはレアなリクエスト(笑)

オンラインでわかりやすくとなると、なんでしょうね。
フェイスエクササイズや、フェイスマッサージなら
いけそうでしょうか?

ふふ、もし、もしも、人数がいたら
心をこめて組ませたいただきます~☆

また美容系の仕事に戻ったりして(^-^;



さて、毎日くらくらするほど暑いですね。
体調管理はどのようにされているでしょうか。


私は朝の涼しい時間に、
経絡を伸ばす呼吸や、
天の氣を取り入れる呼吸法をして
一日の鋭気を養っています。


これ、どちらも気功なんです。
とーっても簡単にできるものばかり。


気功というと、
気を練るんだよね。。特別な修行がいるんだよね。。
と思われがちなのですが、
全然、そんなことないんです。


もし、以下のどれかに当てはまったら、
気功をお勧めします。

〇ストレスや緊張がとれない
〇気力ややる気がでない
〇疲れやすい
〇胃腸の調子がよくない
〇常に肩こりがある
〇便秘気味である
〇ぐっすり眠ることができない
〇体力に自信がない
〇なんとなく体調がすぐれない
〇イライラして落ち着かない


一個も当てはまらない、なんて
いらっしゃらないと思うのですが、
いかがでしょう。


誰でも感じる、なんとなくの不調ばかりです。

病名はつかないけど、
健康でもない。


気功は、心と身体の健康の回復から、維持、
増進に至るまで、
どなたでも取り組める、
何歳からでも始められる、
東洋的な健康法、養生法なのです。


立っても座っても、
横になっても、
あるいは、体を動かしながら、
自分の体力や状態、状況に合わせて、
自由に練習できます。


屋外で、太極拳のように、
部屋の中で座禅のように、

眠る前、あるいは、
ベッドから起きだす前に、

さまざまな場面で
ご自身にあった練習方法があります。



ちび龍の気功ちーぱっぱクラス
10月スタート
一緒に呼吸をしませう!












2021_08_01


久しぶりにベランダは洗濯物でいっぱい。


本日は蟹座新月。
和暦では「水無月」になりました。

小さな命がひしめきあう晩夏。
美しい季節でもあります。


緊急事態宣言が東京に発出されて
お外計画がまた難しくなってきました。

それでも
たのしい晩夏にしたいものです。


同時に、体内の陰陽のバランスを
崩しやすい時季になります。
冷たいものをひかえて、
心の炎を消し、
体の熱をだしやすい食材など、
上手におつきあいください。



さて、養生で始めた気功ですが、
気功を毎日することで、
浮腫みづらくなりました。
呼吸法の有難みを実感しています。


私の気功のベースは、
もうずーっと前ですが
嵩山少林寺の伝統少林拳を学んでいた頃まで遡ります。


その頃は、
武術の練功でしたので、
内功ばかりしたわけではなく、
鍛錬してなかったのですが、
それでも大事な練功法でした。



いまは、武術ではない、
人と競うことのない、
養生のための気功、医術気功を行なっています。


ですが、昔の練功も、当然役に立っています。



皆さまにお伝えするのは、
まずはご自分の身体を調える
養生としての気功。

なにより
からだをゆるめる、ととのえる
「放鬆(ふぁんそん)」という独特の概念があります。

「リラックス」が近い意味ですが、
ちょっと違います。

この「放鬆」を目指すこと、
これが、気功で実現する
心と身体の養生と考えます。

ちーぱっぱ気功の目的、理想。

「ゆるめよう、わたし。放鬆(ふぁんそん)」



ちーぱっぱクラスとして
秋にスタートいたします。

ゆくゆくは、
リトリートも考えているので、
大自然の中で舞う
呼吸法、気功太極拳をやってみたいですね。


お月さまとちび龍の気功
ちーぱっぱクラス
こんな感じでご一緒してみませんか。





気功掌のススメ - この世は仕組みでできているストV
春麗ちゃんみたいな気功はできませんよ(笑)
できたらすごいけどねー。





chigon







心とからだ、
基盤が整う。







2021_07_10


08  « 2021_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top