fc2ブログ



二十四節気の「立夏」を迎えた今日、
まさに夏日でした。


この時季を
「 夏三月」といい、
5月5日の立夏に始まり、立秋前日の8月6日までの三か月間、
立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑の六節気が含まれます。

 
また、「蕃秀(ばんしゅう)」とも呼びます。
中国最古の医学書「黄帝内経」によると、
万物が成長して繁栄華美なることをいい、
天地陰陽の両気が盛んに交合し、
万物に花咲かせ、実らせる。


同じく、人の陽気も自然界同様に
「全開」になる季節なのです。


夜は夜更かししたとしても、
朝は早めに起床し、
気功や適度な運動を心がけることが
この時季の養生法とされています。

 
この養生法に反して、
体内の陽熱をうまく発散できずにいると、
熱邪がこもり、冷房や冷たい飲み物・食べ物を
好むようになりがちです。
その結果、胃腸を壊す可能性があります。



一日一回は汗をかくよう心がけたり、
気分的にも発散するようにすることが大事になります。


怒ったり、うつうつとした気持ちで
体内に熱がこもらないようにします。



おススメは、いつもと違う場所に行くこと。
気分転換になり、気が変わりますので、
気の発散につながります。






9DF3D6EA-.jpg


夏日だった今日は、
等々力渓谷に行ってきました。



437ECBED-.jpg

渓谷に降りていくと
とても涼しくて
過ごしやすくなります。





E178345A-.jpg
気持ちいい✨





暑い日差しを緑が遮り日陰をつくります。
それだけでも、
「陰」をつくっていますが、
地中から湧き水があり、
小川が流れていることで
陰陽のバランスがとれています。



自然というのは
それだけで完璧なんですよねぇ。




アスファルトの中で過ごす人間は
そりゃバランスも崩すわけです。



AAF9A70F-.jpg



いよいよ夏のはじまりです。
身も心も軽くなって、
薫る風をいっぱいに浴びに
ぜひ外に出かけていきたいですね。




2022_05_05


どんよりした曇り空でしたが、
午後になると雨風が強まりました。

特に風がゴーゴー音を立てて。。
凄かったですね。


春は特に風が強い日が多くなります。

私は個人的に風が好きなのですが、
じつはこの風、
春には、身体に強い影響力をもっていて
気を付ける必要があるのです。



中医学では
正気(身体が本来持っている抵抗力、治癒力)と、
邪気(病気を引き起こす原因)の
バランスによって健康が保たれていると考えます。

常に、戦っているイメージです。
正気が邪気より強ければ、
病気になることはないのですね。


自然界の季節の移り変わりも、
外気も、
生きとし生けるものに必要なものですが、
私たちの適応能力を越えて
作用してしまうと、
病気の原因になり、
これを六淫といいます。


風も六淫になることがあり
これを風邪(ふうじゃ)といいます。


春はこの風邪(ふうじゃ)に要注意なのです。

風の邪気の特徴は、
じっとしていても、体の異常の部位が
移動しているように感じたり、
変化が速く、急なものが多いものです。

めまい、かゆみ、発熱など、ほかにも様々な症状がありますが、
風の邪気は肝を傷めてしまいます。


肝は免疫力とも関係があるので、
この風の邪気には要注意なのですね。


桜の咲き始めるこの時期、
肝経をやさしく養生することで
すこやかな季節を過ごすことができます。



五行では「木」に属する春の季節。
木の多いところに行き、
青い食べ物(緑の野菜)を食べること、
ゆったりと余裕をもった生活を心がけることも
春の大切な養生です。


そして、大きな深呼吸。
呼吸をすることで、
横隔膜を動かし、肝臓もマッサージすることができますよ。


ゆっくり大きく呼吸をして、
内臓をもみもみしましょう☆



あとは冷えや寒さに気を付けて、
桜の季節を楽しみたいですね。





2022_03_26


きのう春一番が吹きました!
今年はようやく、という感じですね。


これから日ごとに陽気が増し、
日差しもあたたかくなってゆきます。
花花も咲くようになり、
気分的には、コートは脱いで。という感じですよね。
ところが、
季節の移り変わりに対応するのに、
人の身体というのは
少し時間がかかります。


中医学的な考え方では冬は陰、夏は陽。
今は冬の陰の気が徐々に陽の気に変化している季節です。
人間の体内でも、
自然と陽気が上がってくるため
活動的になりますが、
春の陽気に油断をすると、
冷えなどの邪気が入り、
体調を崩してしまいます。


もうしばらく、
薄着になるのはお控えくださいね。


特に首や、腰は
注意が必要です。



 啓蟄から春分までは
温暖差も激しく、
自律神経も乱れがち、
心身ともに不安定になりやすくなります。


また花粉の時季でもありますね。


しっかり冷えや花粉の対策をして、
春の養生をしながら、
たのしい春を迎えましょう。




今年の桜開花は、3月22日ごろとか。
そうなると満開は
やはり3月中ですか。

桜の蕾(つぼみ)・咲き始めのフリー写真素材


ゆっくり咲いてほしいなあ。







IMG_6639.jpg



我が家のスプラウトちゃん。

こちらはもうすぐ満開です。



2022_03_06


寒い、長かった今年の冬。
陽だまりのありがたさを、殊更に想う冬でした。

でもようやく暖かさが勝ってくるようです。
待ちどおしかった春よ!


red round fruits on tree branch



先日、セッションで「怒り」の感情で
辛くなっているケースがありました。

喜怒哀楽などの感情と、
各臓腑は大きな関りがあります。

怒りやイライラ、悔しさなどの感情は、
「肝」に影響を与えます。


肝の気は上昇するものなのですが、
怒りなどの感情が必要以上にこみあげると、
溜まって「邪気」となり、
上昇が過剰になります。

臓器はそれぞれに影響しあっていますから、
肝だけでなく、肺、胆、胃、脾の経絡にも影響を与えます。

そうした「気」の通り道が詰まり、
流れを妨げると、
頭や目、脇腹などにも体調不良が出てきます。


この方も、強い怒りの矛先が
ご自分に向けられ、
自分を攻撃するあまり、
大きな腫瘍を作り出していました。


心をまあるくして、
からだの循環を促していかなければなりません。

感謝の心をもつこと、
感動すること、
それにより、自分の細胞たちの
振動数をあげていくことができます。

まずはご自分に愛を向けること、
自分の細胞たちを愛してください。



陰陽五行では、
春は「肝」の季節。

これから風の邪気も入りやすくなり、
そうなると、肝経の気が滞りやすくなります。


肝を休める時間に眠り、
気功や呼吸法で調えながら
肝臓の元気を高めていきたいですね。



春の養生法、少しずつアップしていきます。
きらきらした春、
待ち望んだ春、心から愉しめるように。




少し前になりますが、
世界中に春を呼んだ舞いがありましたね。


「春よ、来い」

エキシビション演技中、リンクにキスする羽生結弦【写真:Getty Images】
                         【写真:Getty Images】

美しいという言葉は、
この瞬間のためにあるのか。

そう思わされるほどに。


生きとし生けるものすべてに、
愛を、
春を呼んだ、
羽生結弦さんの
「春よ、来い」






2022_02_26


04  « 2022_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top