fc2ブログ



きょう、真冬並みの寒さ、だとか。
木枯らしが身に染みる季節ですね。


寒さと乾燥がダブルでくる今、
風邪対策を慌てる方は多いかもしれません。


風邪は「感冒」といい、
西洋医学では菌やウイルス感染ですが、
東洋医学では、
「邪気」(六淫)と呼ばれる自然界のエネルギーが
体内に必要以上に入りすぎてしまい、
身体の外に出しにくい状態になっていると
考えられています。


ウイルスも菌も、
邪気と呼ばれるエネルギーも、
体内に溜まりすぎてしまえば、
身体のバランスが崩れてしまいますが、
もともと、自然界に存在するものです。
生態系のバランスを取っているもので、
本来は、善でも悪でもありません。


よく風邪をひく人、
インフルエンザに毎年のようにかかる人、
逆にほとんど風邪もひかなかれば、
インフルにもかかったことがない、
という人もいるはずです。


それはなぜでしょうか。


中医学では
『正気(せいき)』にあると言われています。


「黄帝内経」にある有名な言葉で、
『正気存内(せいきぞんない)邪不可干(じゃふかかん)』というのがあります。

意味は
「“正気”が体内にしっかりあれば、“邪気”が干渉することはできない」


「正気」とは。邪気に対抗する抵抗力や
自然環境に適応する能力のことを指します。
その正気の中でも、
バリア機能のような働きがある気を、
『衛気(えき)』と言います。


ですから、この衛気を高めることが
一番の対策ということになります。



仮にもし、
風邪をひいたとしても、
本来備わっている、自己治癒力を高めることが
一番のケアになります。


たとえば、

この時季だと、
「風」や「寒」の邪が体に入りやすくなるため
風邪をひくと考えられています。


「風」の邪は経絡を通して体内を動きます。
「寒」の邪は内臓に留まり体を冷やします。


経絡の気の流れが滞り、
「寒」の邪を追い出そうとして、
体は「火」を多く作るため発熱します。


この体の外に出そうとする力が、
自己治癒力です。



中医学では、
病気は、五臓六腑それぞれの気のバランス、
流れに問題があるために起こると捉えるため、
それらを調えることで、
本来持っている、
「元の気の状態」に戻すことが、
根本的な治療であると考えます。


経絡の通りをよくして、
安静にすることで
自己治癒力が高まり、
咳などの炎症が残ることなく
元の気を回復することができます。



薬は、外に出そうとする力を
発揮できなくなりますので、
免疫力は弱くなります。


なるべくなら、
薬を使わずに、
自分の元に戻す力を
高めていきたいものです。






IMG_9474.jpg

今日、さっそく
砂時計を使うことができました。


多次元のセッションで、
サバイバルプログロム、
霊的エネルギーの浄化など。


指の関節を傷めていらしたので、
EBも入れつつ、


最後にエムレスで
手放したい感情をリリースしました。


そのエムレスで活躍してくれるのが
この砂時計。


とても喜んでいただけて、
私もうれしかったなあ。



セッションの中、
ときおり、
ほろほろ流される涙は、


やはり美しく。




「悩み」も「苦しみ」も、
ひとを育て、魂に栄養を送りこむのだなあと。



魂に栄養をおくるというのは、
この世で生きる「意味」というほどの
ことではないか、と考えています。


おそれず、てくてくいきたいなあ、と
思わされています。





2022_12_05



「立秋」を迎えました。

“初めて秋の気立つがゆへなれば也”(暦便覧)

立秋は暑さのピーク。

暑い日が続きますが、
夕刻に始まる虫の音、
朝の風に
秋の気配がかすかに漂い始めます。


これからは残暑御見舞いとなりますね。


黄帝内経《素問・四季調神大論》では、
秋の3ケ月を「容平(ようへい)」の季節と言います。
「容平」には、
収めるという意味と、
成長が止まり調整するという意味があります。

地の気がはっきりしてくる中で
万物が成熟し、容(かたち)が平定してくるというのです。


秋は、空気が乾燥することが多くなり、
気温が下がります。
日中は暑くても
朝晩は急に冷え込むこともありますので、油断は禁物ですね。


そして、この乾燥の影響を受けるのが、
五臓の「肺」です。
乾燥した空気は、
鼻や口から肺に入り込みむため、
「せき」や「喉の痛み」というような
呼吸器のトラブルを引き起こします。

また「肺」は五腑の「大腸」に関係するので、
乾燥による便秘にも気をつけましょう。

秋の五体(組織)は皮膚に対応し、
肌が乾燥すると、
身体を守るバリア機能まで弱まってしまいます。

ただでさえ、
夏にたくさん汗をかいた身体は、
水分が不足気味です。
そこに冷気が入り込むと、
関節痛・胃痛などを引き起こす恐れがあります。

喘息などの慢性疾患がある方は、
特に注意が必要です。



先日の中医学的養生では、
陰陽五行説をやりました。

皆さん、楽しんで学んでくださるのが
なにより嬉しく、
私もあらためてやる気Maxになりました。


嬉しい感想をいただいたので
ご紹介させてください。



今日はありがとうございました!
講義、わかりやすくて、万物の成り立ちや流れからその一部である自分の体と繋がりをMikaさんから学ぶことができるのは私にとってギフトだなぁと思います。
バタバタしてしまいましたが、皆さんともお話できて嬉しかったです。大切なメッセージももらい、どうしてだろうとずっと思っていたことの理由もさらっと明かされるという笑

感覚を受け取ることは辛く苦しいこともありますが、それはギフトなんだと思えたこと。これまで私が足りないと思っていたこと全てがギフトだったんだと思えたことが、お話していた、世界の反転に近い気もします。
娘たちも自立して人生は終わりかなと思ってたら、実は始まりだった、なんて面白いのでしょう(^_^;)


うわーーーん(>_<)
なんて嬉しいことでしょうか。

ユニコさん(仮名)は、才能あふれる
とっても魅力的な方なのですが、
ずっとずっと、ご自分で抱え込んでいたものがあって、
それを最近、どんどんご自分で解放していっているのです。

それが、こうしたクラスでも発揮されるというか、
想像以上の気づきを、ご自分で見つけていて。

素晴らしいことですよね。
私のほうがお礼を言いたいくらいです。

本当にありがとうございました。



この夏は、あまりに盛りだくさんで、
ブログも追い付きません(^-^;

書きたいことがいっぱいあるのに。。。



でも、私自身の気づきや、
学びになることがとても多く、
アップデートの日日です。


ただのアップデートで終わらせない、
必ず何倍にも光で膨らませ、
皆さまに還元していきたい気持ちでいっぱいです✨



私に関わってくださった
すべての方に、
本当に感謝を捧げたい、
愛を届けたい、です。



ありがとう、
ありがとうございます。


心から。








2022_08_07


暑い一日でしたね。
外出したのですが、だるだるな暑さでした。
真夏日だったところも続出とか。
梅雨とは思えない暑さです。。。


暦の上では夏のピーク、
夏の真ん中である、夏至を迎えました。


北半球では昼間が一番長くなり、
冬至と比較すると、
昼間の時間差は4時間以上!


この陽の気を、内側に取り入れて
今年の後半も元気に過ごすために、
一日を笑顔で過ごしました。

太陽と仲良くなるには
笑顔が一番です。

天照大神が
神々の笑いで
天岩戸から出てきたように、ね。



さて、今夜は下弦の月。

下弦の月

これから新月までの間、
細く細くなる月と、
消えゆく月の光に、
いろいろな不要なものを手放すことが
促されています。


ぜひ、要らないものをリリースしてください。
断捨離な一週間に。


それはモノや感情だけではなく、
身体のデトックスに最適な一週間になります。

身体のデトックスということで、
白湯をご紹介しますね。


白湯は、中医学では
漢方薬と同じと習います。

漢字圏では、水を温めると、「湯」になります。
「温かい水」、とは言いませんね。

これは水と湯が別物と、認識されていたからです。


一般的に東洋医学の中では、
「水」(H2O)とは何も手を加えていない、
自然界のエネルギーの結晶そのものです。
その中には菌などが存在し、
周りの気候によって、温度も形も変化します。


水の中には、陰陽の要素も内包されていますが、
手を加えない状態では、表面化せず、
薬効性などはありません。


「白湯」とは、水に熱を加えて沸騰させることで、
内包された陰陽のエネルギーを表面化したものを指します。


shutterstock_411675652-680x454.jpg




白湯は“陰陽水”と呼ばれ、
薬効性のある治療薬として、インドや中国では昔から
子供からお年寄りま、で多くの人々に親しまれています。


白湯は内臓を温め、その働きを活性化し、
消化作用を促進します。
肝臓や腎臓の機能も活発になり、
体内の老廃物を、体の外に押し流す力を
高めることができるのです。

このように、白湯は最も身近で、
簡単にできるデトックスになります。


ところが、うっかりやりがちなのが、
水を沸騰させたけれど、
熱すぎて、水を足して飲む…。

沸騰した湯に、
同じ質の水(同じ水道水や同じペットボトルの水)を加えたものは、
「陰陽水」ではなく「水」です。
せっかく作ったのに、白湯ではなくなってしまうので
お気を付けくださいね。


img-hotwater_main.jpg


白湯を上手に摂って、
梅雨を元気に乗り切りましょう。



      *


今、めずらしい天体の様子になっています。

夜間に全ての惑星が、
地平線の上にあるという、
とても珍しい機会なのです。


これは18日の空だったようですが、
topics01-s.jpg


天気が良ければ、水星も含め
5つの惑星を肉眼で見ることができるとか。

早起きが必要ですが、見てみたい♡



この天体ショーは、6月末まで、
日の出の前、東の空で見られるそうです。









2022_06_21


梅雨空がつづきますね。
ほんの少し、日が差しだけで
ほっこり嬉しくなります。



気温が上がってくるのと、
そろそろ、冷たいものが飲みたくなる季節です。


でも、まだ夏本番前、なんですよね。
 

春から夏にかけては、
体は熱に対する準備をします。
体の中に熱がこもりやすくなるので、
熱を発散するよう体内温度が低くなる傾向があります。

 
今は体がまだ夏の体にはなっていない、
夏の準備期間です。


口(脳)では飲みたいのですが、
この時期は冷たい液体が入ると冷えやすく、
食道や、胃腸の周りのリンパ液などの
流れが滞りやすくなってしまいます。


お腹が重く苦しいと感じること、ありませんか?

 
中医学では、五臓六腑の気の通り道を「経絡」といいますが、
胃に通じる経絡である「胃経」が冷えると、
胃の調子が悪くなるだけでなく、
頭痛など、さまざまな症状を引き起こします。


さらに梅雨時には、湿気の邪気である、
「湿邪」が身体に襲います。

湿邪にやられると、
胃腸機能を低下させるだけでなく、
さまざまな不調を生み出します。


頭痛や生理痛、腸炎、疱疹、浮腫、頭や手足・身体のだるさ、
関節痛なども湿邪の影響と考えます。


外からの湿邪だけでなく、
身体の中で湿邪が生まれるのが、
飲食の不摂生なんです。


特に冷たい飲み物、冷蔵庫で冷やした食べ物、
そして甘いものやお酒をよく飲む方は、
湿邪を生みやすく、
また外からの湿邪の影響も受けやすくなってしまいます。


たとえ真夏であっても、
冷たいものを食べたり飲んだりする時は、
一気に摂らず、
口のなかで溶かしながらゆっくりと、
身体に入れることが大切。


ビールをぐびーーっと。。。。
やってしまいますよね(^-^;


 
さらに、気温の変化や、冷房などで
「肺経」に冷えが入ると、
風邪の引き始めのような症状がでることも。


冷えを取り出してしまえば、
風邪になる前に治すことができます。

 

今日は手軽な材料で、
簡単に作れる、
五臓六腑の冷えを出しやすくする漢方薬、
「姜糖湯」の作り方をご紹介します。

 

《内臓を温める姜糖湯の作り方》

材料:生姜2ミリくらいのスライス3枚
   黒糖 適量

 
・鍋に水500ccと生姜を入れ強火にかけます。

・沸騰したら弱火にして、
 水分が200~300ccになるまで煮詰めます。(これが大事!)

・黒糖を適量入れ溶かして飲みます。

 
夏の冷房で冷えたときも、また真冬の寒い日にも
一年中使えます。
ぜひお試し下さい。     



           *

ホリスティックセラピスト塾からご案内。
リクエスト開催


「中医学的養生クラス」
暮らしの中の中医学として、
基礎理論と、季節に合わせた養生法を学びます。

a001080309_08.jpg


 陰陽五行説、臓腑、病因論について。
 養生の基礎(食事・運動・休養・環境・心の持ち方)、
 気血水、臓腑のタイプ別、または季節に合わせた生活法を学ぶ。





目には見えないけれども、全身を動かす根本的な力、エネルギーなのです。
単に血液を示しただけでなく、体内に栄養分を行き渡らせたり、各器官を活性化させたりする、血液の循環作用も意味します。
人間の身体の水分のうち血液以外のもの、胃液や腸液、汗、涙、唾液などを総称して東洋医学では「水」と呼びます。




通常は春のスタートですが、
リクエストをいただきましたので
夏のスタートで開催いたします。

7月か8月のスタート予定

※実践編のちーぱっぱ気功クラスはありません。


月/6,000円


お問い合わせ、お申込みはメールにてお願いいたします。
info(at)tamayura-moon.com







2022_06_10


二十四節気の「立夏」を迎えた今日、
まさに夏日でした。


この時季を
「 夏三月」といい、
5月5日の立夏に始まり、立秋前日の8月6日までの三か月間、
立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑の六節気が含まれます。

 
また、「蕃秀(ばんしゅう)」とも呼びます。
中国最古の医学書「黄帝内経」によると、
万物が成長して繁栄華美なることをいい、
天地陰陽の両気が盛んに交合し、
万物に花咲かせ、実らせる。


同じく、人の陽気も自然界同様に
「全開」になる季節なのです。


夜は夜更かししたとしても、
朝は早めに起床し、
気功や適度な運動を心がけることが
この時季の養生法とされています。

 
この養生法に反して、
体内の陽熱をうまく発散できずにいると、
熱邪がこもり、冷房や冷たい飲み物・食べ物を
好むようになりがちです。
その結果、胃腸を壊す可能性があります。



一日一回は汗をかくよう心がけたり、
気分的にも発散するようにすることが大事になります。


怒ったり、うつうつとした気持ちで
体内に熱がこもらないようにします。



おススメは、いつもと違う場所に行くこと。
気分転換になり、気が変わりますので、
気の発散につながります。






9DF3D6EA-.jpg


夏日だった今日は、
等々力渓谷に行ってきました。



437ECBED-.jpg

渓谷に降りていくと
とても涼しくて
過ごしやすくなります。





E178345A-.jpg
気持ちいい✨





暑い日差しを緑が遮り日陰をつくります。
それだけでも、
「陰」をつくっていますが、
地中から湧き水があり、
小川が流れていることで
陰陽のバランスがとれています。



自然というのは
それだけで完璧なんですよねぇ。




アスファルトの中で過ごす人間は
そりゃバランスも崩すわけです。



AAF9A70F-.jpg



いよいよ夏のはじまりです。
身も心も軽くなって、
薫る風をいっぱいに浴びに
ぜひ外に出かけていきたいですね。




2022_05_05


12  « 2023_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top