FC2ブログ



穏やかな天気の一日でした。
もう初詣は行かれましたでしょうか。

この時期は海外も含めて、パワースポットと呼ばれるところに
お出かけされる方も多いかもしれません。
また、混雑している場所に出かけたり、
帰省や、普段より人の集まるところに行き、
直接お話しする機会も多いと思います。

エネルギーの強いところに行くと、体調が悪くなった経験がありますでしょうか。
エンパスの方でなくても、少なからずあるのではないかと思います。

これはエネルギー当たりをしている状態です。
人に会ったあとに、なんか疲れたというのも、同じです。

私たちは、絶えず、良いも悪いもエネルギーを発しています。
そして相手からのエネルギーを、キャッチしています。
「負のエネルギー」は、自分から発することもありますし、
人や場所から吸収することもあります。

負のエネルギーを受け、それを蓄積させれば、
物事が上手く運ばなくなるだけではなく、体調も崩してしまいます。

レイキや、エネルギーワークを学んだ方は、ご存知のことですが
肉体とオーラ(エネルギー)は、同じ作り、同じ仕組みになっています。

身体のことでいえば、
人の身体は、約60兆個の細胞で出来ていますが、
健康な方でも、毎日約7~8000個のがん細胞が、身体の中でうまれているといいます。
ですが、「免疫力」があれば、がん細胞は翌日までに死滅して、
残るのは、一個にも満たないのです。(免疫細胞にも細かく役割がありますが、ここでは大まかに「免疫・免疫力」と呼んでいます。)
「免疫力」は、体中をパトロールして、がん細胞を見つけては攻撃してくれます。(大雑把にいっていますよ)
免疫をつける、「免疫力」を上げましょう、というのは、パトロールを強化することに繋がるからです。
突然がんになったわけではなく、免疫力が落ちてしまったことにより、
パトロール細胞が、悪いものを見つけて、死滅させられなかった結果、
がん細胞が蓄積されて「発がん」につながります。

エネルギーに戻すと、エネルギーバランスを取ることによって、
自分自身が持っているオーラの力で、負のエネルギーを蓄積しないことが出来るのです。
オーラの状態、エネルギーを整えておくことは、免疫力をあげるのと同じです。
悪いものがついても、パッパッと、簡単にはらうことができます。

身体と同じですから、エネルギーバランスも予防がだいじ。
負のエネルギーを受けた時の、症状は人それぞれですが、なにかおかしいと思ったときは
早めに対処してください。
その日の疲れはその日のうちに、ケアするのと一緒で、
その日受けたエネルギーはその日のうちに浄化しましょう。

それでも、大きくバランスを崩してしまったら、
風邪と同じように、長引かせないよう、
良く休んで
ひどいときは病院にいくよように、
無理せず、プロの手をかりてください。


無理は禁物です☆


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


気分によっても、感じ方が変わってきます。

天気によっても、感じ方が変わるし、

洋服によっても、変わります。



人間って、そういうところがあるんですよね。 



だったら、それをうまく活用すればいいんじゃないかしら。




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキングに参加しております。
いつもご協力ありがとうございます。

バナーをクリックしてくださったお礼に
レイキヒーリングが届きます。

ありがとうございます☆


PVアクセスランキング にほんブログ村

感謝をこめて
MIKA


レイキ講座、各セッションのお申込み
お問い合わせはお気軽にどうぞ☆
info(at)tamayura-moon.com



2020_01_03

七夕と厄除け

category: 健康  

今日は七夕さまです。
皆様は短冊にどんな願いを書いたでしょうか。

あまり知られていないのですが、7月7日はお節句です。
お節句は日本の暦で季節の節目になる日ですね。
唐時代の中国から伝わり、暦の中で奇数の重なる日を取り出して(奇数(陽)が重なると陰になるとして、それを避けるための避邪〔ひじゃ〕の行事が行われたことから)、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的から始まりました。
この中国の暦法と、日本の農耕を行う人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになったそうです。

江戸時代には、幕府より最も重要として「五節句」が定められました。
五節句には、3月3日、5月5日のように奇数の重なる日が選ばれていますが、1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています。 

「五節句」の制度は明治6年に廃止されましたが、今でも年中行事の一環として定着しています。

1月7日 人日(じんじつ)の節句
七草の節句ともいい、七草粥を食べることで一年の豊作と無病息災を願います。

3月3日 上巳(じょうし)の節句
桃が咲く時期と重なることから「桃の節句」ともいわれ、桃などの自然の生命力をもらうなどして厄災を祓います。最近では女の子の誕生と成長を祝う「雛祭り」として一般に浸透しています。

5月5日 端午(たんご)の節句
菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。
「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります。


7月7日 七夕(しちせき)の節句
七夕〔たなばた〕とは「7月7日の夕方」を意味しています。七夕行事は、中国に古くから伝わる牽牛・織女星の伝説から発達した乞巧奠〔きこうでん〕の行事に、日本古来の棚機津女〔たなばたなつめ〕の信仰が混ざり合って形成されたものでした。

9月9日 重陽(ちょうよう)の節句
菊の節句ともいいます。
寿命を延ばす力があるとされた菊に、長寿祈願をする日でした。奇数(陽)の中でも一番大きな数字であるよという意味で「重陽」と呼ばれています。


今でこそ、お祭り気分のものや、本来の意味合いは色褪せてしまっていますが、
もともとは厄払いや健康祈願の神事的なものでした。

ですので、厄年だから厄除けがしたいと思っていらっしゃる方は
この「五節句」がいいようですよ。

五節句は、季節と季節の節目、いわば季節の変わり目です。
普段から、季節の変わり目は体調を崩しやすいと言われますが
昔の人はこうして、邪気払いなどをしながら、健康を祈っていたのでしょうね。

厄年に関係なく、この五節句を意識して、体調の変化に留意しながら
楽しく、すこやかな一年を送りたいものです。

さて、今日の七夕はあいにくの雨ですが、皆さん自己ヒーリングしてくださいね☆
私も自己ヒーリングをして、皆さんの健康と、織姫と彦星が会えますようにお祈りします

星に願いを
月に祈りを

愛と感謝をこめて
MIKA




2019_07_07


連日、真夏のような暑さでした
今日は東京は少し過ごしやすいのでしょうか。
それでも日中は28日度まで上がる予想が出ていますね

まだ5月だというのにこの暑さで
体調を崩してる方を多く見受けます。

疲れやすい、食欲が出ない、お腹を壊している。。。
季節の変わり目、体調が急激に乱れてしまいます

咳が出始めたという方も。
これはまさに体力が気候に追いついていけてない証拠
暑いからと、急に冷たいものを摂ったり(特にアイスやかき氷、氷の入った冷たい飲み物など)
シャワーで済ませたりすると、
一気に身体は冷えていきます

冷えは咳という症状を発症させてしまいます

まずはしっかりと休むこと。
冷やさないようにすること。
そして、やはり食事が大切になります。

お腹の調子が悪い時は無理して食べなくてもいいと思います。
少しお腹を休ませて、水分補給はこまめにしてくださいね。

そしてこれからは梅雨の季節です。

今の季節、天気が良い日は、無理のない程度にお日様をあびて
免疫力をあげておきましょう





2019_05_29

おそろしや

category: 健康  

今日はちょっとだけ怖いお話し。

怖いと言っても、オバケとかじゃありませんよ👻

私は未破裂脳動脈瘤があって、近いうちに治療をしなければならないのですが
なんでも場所が厄介なところということで
詳しい大きさ、形など精密検査が必要でした。

入院して、鼠径部からカテーテルを入れ、大動脈を通り脳に到達。。。。。
脳にだけ造影剤を入れて写真を撮るという検査です

それだけでもちょっと怖いでしょ。。

これは検査とはいえ、カテーテルを入れることだけで負荷もかかるし
脳にも当然負荷がかかり、脳動脈瘤破裂のリスクもあります。
失明のリスクもあると聞かされ。。
それだけで十分怖かったのですが
検査のリスクより、このままだと寿命より前に破裂する可能性が
なんと40パーセント以上

おそろしや👻

その検査を先日受けて昨日退院しました。

造影剤を何度も入れては撮影入れては撮影の繰り返しなのですが

造影剤を流してるほんの数秒、なんと脳が見えるのです。

もっと正確に言うと、脳ってうねうねとして溝みたいなのがありますよね。
その溝みたいな形に光るんです。
雷みたいな鋭い光。

脳だ。。脳だ。。

と思いながら2時間びびっていましたが


これって誰がやっても見えるものなのでしょうか。。。?

誰かおしえてください👻



検査結果は2週間後。
本番の手術はそこからさらに1か月は先です。。。
受けるのも、先延ばしになって破裂リスクが高まるのも。。。

おそろしや👻








2019_05_15



小雨がぱらついたと思ったら、はすっかりいいお天気になりました。
春の特徴でもありますが、ここ最近お天気が安定しませんね。

アーユルヴェーダ的には「カパ」を乱しやすい季節ともいわれています。

アーユルヴェーダでは体質(ドーシャ)という考えがあり
大きく3つのタイプがあるといわれています。
ヴァータ(風・空)、ピッタ(火・水)、カパ(水・地)
それぞれ性格や身体、なりやすい病気や不調が違うのですが
季節により、体質が乱れるといわれています。

カパは水、地です。
特徴としては、冷・重・遅・安定

下半身がむくみやすく冷えやすい。
水が重力で下にたまるような感じです。

動きもゆっくりで、自分の変化に気づきにくいという方も多いのです。

カパが溜まってくると、気分も落ち込みがち、自信が持てなくなったり、くよくよしたり、自己評価が低くなったりします。
新入社員や、新学期迎えたばかりの方が、ゴールデンウイーク明けに登校拒否とか、会社が嫌になるとか、ときどき話題にのぼります。5月病なんて言葉もあるくらい、この時期はそういった症状が多くなります。

そして、春はどの体質の方も、カパが多くなります。
寝ても寝ても眠い。
やる気が起きない
身体が重い

カパを整えるには活動的に過ごすなど、軽い運動が効果的です。
ウォーキングはとてもよいので、気張らずにお散歩はいかがでしょうか。
また、身体を冷やないようにすることも大切です。
食事のときの冷たい飲み物には気を付けましょう。

この時期ならではのお花を楽しむことも大切です
これはまた明日にでも。

季節の変わり目は体調を整えるのが難しいですが、心と身体が喜ぶことを選んで楽しく過ごしたいですね




2019_05_02


03  « 2020_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日常のお話しとともに。


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top