FC2ブログ


落ちた先は 

category: 日常  

                          
 朝靄(もや)がたちこめていた。
 どうやらそこは山間(やまあい)の谷であるらしい。ボクは落ちて、ここにいる。
 ——落ちたなあ。
「何かをさがしておいでかの?」
 そう云うのは、仙人のように、白く長いひげを胸のあたりまでのばした老人である。
「そのように、きょろきょろと。さがしものなら、手伝いますぞ」
「……道」
 ボクはそう答えた。正しい答えだと思える。
「道。はて、どんな道をおさがしなのかな?」
「どんなって……、帰り道」
「帰り道。はて。ここには、ないのぉ」
 老人は持っていた竹の筒をボクにさしだすと、からだの向きを変え、
「帰り道という道はないんじゃ。それはないけれど、道は無数にあるな。道なき道というのもあるな」
 と云うと、ふふふっと笑い、歩きはじめた。
「帰り道がないって、どういうことですか?」
「わからんかのぉ。アンタがこの谷から出て、どこかへ行きつく。行きついたとき、そこまでの道のりがはじめて帰り道になるんじゃよ」
 老人の姿は、靄のなかに消えた。
 靄のなかに、声が滲(にじ)んだ。
「道にどんな名をつけてもかまわないが、道は、いつもあたらしいのですぞぉ」
 老人に手渡された竹筒に、口を近づける。
 目をつぶって、ぐっと飲む。
 ——苦い。
 その苦さに、からだがぶるっとふるえた。が、足の裏から活力が湧いてくるのがわかる。
 ——よし、ゆくか。
    
     ******************************
                      
私もよく落ちます。
多種多様なことに絡みとられて、足がもつれ、谷底へすとん。でもね、落ちてしまえばこっちのものなのです。落ちたところから上(のぼ)ればいいのだもの。
落ちることかなわず、ああでもないこうでもないと散らかってゆくことに比べたら、はるかにわかりやすいことだと思うのです。
 
誰でも上るきっかけがあって、それは何でもいいのですが、古い友人と久しぶりに会う約束をしたら、とつぜん「足の裏から活力が湧いて」きた、とか。
1人で映画を観に行こうと決めた瞬間に「足の裏から活力が湧いて」きた、など。

料理を作ってみたり、お菓子を作ってみたり、きっと無意識にみんな、「のぼる」きっかけを知っているのだと思います。

再生。
再生などと云うと、とても大げさのように聞こえるけれど、わたしたちは日日再生をくり返す存在だと思うのです。そこには小さな再生が多く含まれ、大がかりなのは、きっとたまの話。
小さなときも大がかりのときも、自分が落ちたことに、谷にいることに、気がつくことが、まず肝要なんだと思います。
そして。
帰り道をさがそうなどとは思わないこと。ひたすらにゆく道は、つねにあたらしい道、再生の道であるのですから。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


レイキを学んでみませんか。


レイキを学びたいと思うきっかけは、人それぞれ違うと思います。
ヒーリングを学びたい。
自分のケアがしたい。
他人を癒したい。
最近お話をきいていると、心の問題と向き合いたいという方が多くなっています。
人生の中で、「苦しい、大変、辛い」と感じることが起きた時、自分を見つめるきっかけになり、自分と向き合い考えます。

大変な経験や苦労は、気づきや成長を与えてくれたり、そのあとに幸せを与えてくれます。
どんな時も、心が澄んだ状態に戻るのが早いほど、苦しみは早く過ぎ去ります。
レイキを行うと、心と体が澄み渡る浄化された状態になりますので、ネガティブを長く引きずらなくなります。
レイキをお伝えしていると、私自身、なんども救われたことを思い出します。

レイキアチューメント(伝授)について、お問合せ下さい。




2019_07_15


06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top