fc2ブログ


存在の確かさ

category: 縁をつなぐ  

暑中お見舞い申し上げます。


a967d1ea0c903edd6831c95d9c7a0be4_t.jpeg

かき氷、食べたいなという願望の写真です(笑)



先日、父のお墓参りに行ってきました。

もう、あれからひと月以上が経ちました。


私、納骨の直後から
お墓の掃除がしたくてしたくて、
うずうずしていたのです。


息子がつき合ってくれました。


朝の9時半には始めていたのですが、
すでに太陽のじりじりは半端ない💦


朝の8時の時点で、
30度を越えましたと、
お天気お姉さんが言っていたのを
思い出します。


腕にアームカバーをして、
首にはタオルを巻いて、
麦わら帽子をかぶって。。

この日焼け対策が、
余計に暑いのですよね💦


30分もすればもうヘロヘロでした。

でもおかげでスッキリ。


私には父の形見がありません。

よく友人が、ご両親の形見を
身に付けたり、
上手に使っているのをみると
うらやましく、
ああ私も、なにかあったら、
この寂しさが少しは埋まるのではないか、

どんなに小さなものでもあったら
なんだか心強いのに、と。


でも、この日、
とても清清しい気持ちで
父と話して、
それは私の中に在ること
気づかせてもらいました。


物をよすがとせずとも、
いいのですね。



パパ、ありがとう。



別の日。



あたらしいスマホカバーを
いただきました。




もちろん、
さぁちぃ大先生のお手製です。



IMG_0777.jpg

私(MIKA)を護ってくれている存在たち。


エジプトの存在たち。
いくつ、見つけれらますでしょうか。


これ、主人に見せたら、
なんでここに自分がいないの?と言ってました(笑)

MIKAを守ってるのは俺でしょう( `ー´)ノ


ですって。
ぷぷ。

そのとおりです(笑)



この写真は表。



そして裏は。。。






月のうら

私(美佳)のパーソナルな部分


IMG_0779.jpg


私の個人のマークと、
父の言葉が刻まれていました。



私の名前をつけてくれた
父の言葉。

「美佳」に込められた
父の想い。



さぁちぃが、
私のブログをたどって、
見つけてくれたそうで、
このタイミングで
本当に胸に沁みました。



(最後の2行は稲葉さんの言葉です(≧▽≦))
ありがとうございます。



形見は私自身なんですね。



そして私の中にいつも。



物をよすがとせずとも。


あなたという存在は刻まれ
その心は映っている。




ありがとう、
ありがとうございます。






2023_07_30

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2024_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top