fc2ブログ


孤独の正体


あたたかい日がつづいたり、
寒くなったり。
へんてこりんな冬ですが、
それも悪くないです。



師走って
言葉からも忙しそうで、
何かあるわけじゃなくても
慌ただしいイメージがありますね。

そしてイメージ通りバタバタします(笑)

気づけばもう、
19日。
数えたくないけど、今年もあとすこし。


さあ、まだまだ
2023年をたのしみますよ。




今日は孤独について、最近感じたことを。

今月に入って、特に
孤独をいつも感じています。という
セッションが続きました。


皆さん、一見明るい方ばかり。
きっと、周りからは、
明るくて
友人が多いと思われているはず。


でも本人は、
友だちはい少ないと思っているし、
心許せる人はほとんどいないと
いう方ばかりです。



こう感じる人は
じつはとてもたくさんいて、
友だちが多くても、
いつも孤独を感じるという方も
もちろんいます。



人って
寂しいとか、
悲しいとか、
孤独だっていう想いは、
これまで、
明るく振る舞ってきたひとほど、
どんどん表には出せなくなってきます。



明るく振る舞うのは、どうしてでしょうか。




本当にいつもいつも
明るくなんていられない、
生きていれば悲しいことも
嫌なこともあるからね。

それができるのは、
感情の波を無視したときだけですよね。


そう、自分の中に
強い孤独感があるのなら、
あなたが、
あなた自身と対話をしていないってことに
気づく必要があるのです。



周りの期待に応えようと、
いつもいい子でいた。

いつもニコニコして、
大丈夫なフリをしてきた。

明るいあなたを求める、
周りのイメージを壊さないように。


自分の本当の気持ちに
気づかないふりをしてきたのです。


その時間が長ければ長いほど、
あなたの声は小さくなって、
もうほとんど聞こえないくらいなのです。



だから、
身体は、

孤独という感覚で
あなたに知らせてくれています。




周りの人が声をかけないから、
友だちがいないから、
話す人がいないから、

孤独なのではありません。

その孤独感は、
「私」が「私」と対話をしてあげないから、
だから生まれるのです。


特に、「肺」や、
女性なら「子宮」からも
SOSが聴こえるはずです。



誰かのために、
悲しむ暇もなかったですか?


誰かを守るために、
自分は悲しんでいられなかった、
家族のために明るく頑張った、

そうするしかなかった。


いいえ。

あなたが守るべきものは、
あなた以外にないのです。


あなたがあきらめてはいけないことは、
あなたの人生を受け入れること。

これしかないのです。



私たちは、
私自身に関心をむけて、
どんな自分でも、
どんな人生でも
そのすべてを受け入れる覚悟で
愛すること。


自分に目を向けられない人は
他の誰かを助けるなんてできませんよ。




もしも、あなたの大切な人が、
心のなかに悲しみや寂しさを隠して
明るく振る舞っていたら、
本当は辛くて仕方ないのを、
あなたには隠していたら、

あなたはどう感じるでしょうか。


そのことを知った時、
あなたはもっと悲しくなるはず。


自分に伝えてほしい、
辛いといってほしい、と
そう思うはずです。




それがそっくりそのまま、
あなたがやるべきことなのです。



あなたのありのままを、
あなたの内側を、

あなたが自覚しているあなた自身を、

そくりそのままに
表現すること。




これが愛そのものなのです。









389091FF-.jpeg



12月10日に初めて
人前でジャズを歌いました。


緊張が駄々洩れ(笑)



全然上手に歌えなかったのですが、
いい思い出になりました。





愛の歌、うたってます。








2023_12_19

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

01  « 2024_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top