FC2ブログ



きょうは、この辺りも
ちょっと寒さにもどっています。



さて、しばらく遠のいていた、
私の中のブーム、
「エジプト熱」が再燃しています。



5月1日が近づくと、
だいたい「エジプト熱」が再燃します。
「月のうら」を始めるときに、
散々、エジプトの神様や、
アセンテッドマスターに
お願いしたり、お世話になったからだと思います。


そう、また5月1日がやってくる!
私にとっては、
忘れられない記念日です。



そして、エジプト熱が再燃したとたん、
あちこちで目にするようになりました。


ほんと、世の中って面白いです。



目にしてから再燃じゃない、
ところがミソです。



ejiputo
これは先週、雑貨屋さんで。


本物の図鑑ではなく、図鑑をモチーフにして
いろいろなグッズがありました。


でもって、極めつけだったのがこれ。
↓↓↓


ニュースで見て思わず鳥肌です。


今月から始まるエジプト展にも行くことが決まり、
まだしばらく、
エジプト熱は続きそうです✨

木材,宗教,数,シンボル,クロス,観光
ホルスらぶ(⋈◍>◡<◍)。✧♡




そうそう、
月ツボ巡礼を週に一度、
自分の身体で行うようになって、
早くも1か月が経ちました。

私の中で気づきや変化は
たくさんあったのですが、
一番わかりやすい、
驚くべきものとして、
左右の嚙み癖です。

噛み癖を矯正するなんて、
ふつうはすごく時間がかかると思うんですよね。

このお話は長くなるので、
また明日にでも。

明日は月ツボの日ですしね♡





ejiputonosuna
「月のうら」のエジプトコーナー。

どちらも別々に、
エジプトのお土産にいただいたもの。


手前にある砂は、
さぁちぃからのお土産。
本物の砂漠の砂を持ち帰ってくれました。


エジプト展もさぁちぃと行く予定。
愉しみ~~~( *´艸`)



楽しみ過ぎて、やばみ。




月のうら
MIKA







2021_04_06


小糠雨が降ったと思ったら、
もう陽がさしています。
あたたかな日曜日になりました。


季節は晩春。

二十四節気では「清明」になり
同時に、
七十二候では
「玄鳥至(つばめきたる)」を迎えました。


この時季に東南から吹く風を
「清明風」と呼びます。

心地よい、この風に吹かれて桜が咲き、
燕が到来します。



「清明」は、
「清浄明潔(せいじょうめいけつ)」の略。
春の清々しい生命力にあふれた様子を表します。


やわらかな光をまとう、この季節。
輝く新緑の頃にはすこし早い、
今だけの芽吹きの美しさです。

チューリップの写真(フリー素材)
いよいよ、春爛漫。



さて、この時季、
体調に変化を感じる方も多いはず。

体内の水分バランスも変わってくるときで、
頭痛や耳鳴りなども起こります。
また、
腰痛がおこりやすいのも今の季節です。


原因は、
生活習慣、ストレス、運動不足やトラウマなど
人それぞれですが、
意外と多いのが、食生活だったりもします。



食事と腰痛は結びつきにくいかもしれませんが、
内臓も筋肉も、リンパの流れも
すべては繋がっていますので、
食事もとても大切なんですね。


でも、食生活を変えようと思っても、
意志が弱くて、ついつい食べ過ぎてしまうとか、
甘いものがやめられなくて、ということを
よく言われるのですが、

この「意志が弱くて」は
じつは関係なく、
私たちがもつストレスや、行動のパターンは
意志の力によってあるわではありません。


意志の力=頭、思考
潜在意識=身体

私たちは身体に従うようになっています。


それを意志の力で、
無理やり変えようとすると、
ストレスになったりするわけで、

身体のバランスは崩れ、
ホルモンバランスも、経絡も乱れて
「不調」として身体に表れます。


それを放っておくと
「病氣」となります。


潜在意識に気づく、
その声を聴いていくことがだいじ。


そして必要ない、手放したいものであれば
セラピーや、ヒーリングで、
調整していくことが
変容への近道ということです。


身体におこる、すべての不調は、
メッセージ。
身体からのちょっとしたサインでも、
見逃したり、スルーしてしまうと
あとあと、大変なことになりかねません。

ぜひ、身体からのメッセージを聴いてゆきたいですね。



IMG_3842.jpg

これから
万物がぐんぐんと、伸び栄えるとき。

私たち「ひと」も、
大きく伸びをして、
心も身体も解きほぐし、
ゆるめていきたいですね。

「う~~ん」と、ね!







月のうら
MIKA



2021_04_04


あちらこちらで入学式もあり、
新入生の笑顔があふれ、

会社では新社会人の皆さんが
すこしだけ緊張しながら、
新しい日日が始まっていますね。


いいなあ、まぶしい季節だなあ。


新入生や、新入社員ではなくても
なにか新しいことを始めたとか、
配属が変わったりしても、

わくわくした新鮮な気持ちで
取り組めることができるのが、
この季節の本当に美しいところだなあ、と
思います。


失敗を恐れないで、とはよく言いますが
私は最近、
失敗ってなんだろう、と思ったりします


失敗とか成功とか
その本質はどこにあるのでしょうか。

それはきっと
「人」が作ったもので、
世の中のほとんどが、
誰かが決めたこと。


だとしたら、自分にとって
成功とはなんだろう。
失敗とはなんだろう。


そう思うと、曖昧さだけが際立っていて。


成功の反対は失敗、
本当にそうでしょうか。


まさに陰陽の世界。


2つは同じもの、なのかもしれません。


善と悪でさえ、
概念でしかないなあ、と。



自分に制限をかけるのは、自分自身です。
自分に対して、
誰かに対して、

否定をしている状態。


これはよくない
こうあるべきだ
これはだめだ
これは無理だ
こうじゃなきゃ違う
これでは受け入れられない


そこに在るものは変わらないのに
打ち消そうとする想念。
否定するエネルギー。


すべてエゴであり、思考だということ。



たとえば、
ヒーリングの世界では、
誰かを癒そうとか、良くしようとか
治そうというエゴや
期待、思いがあると、
なにも起こすことができません。


いかに観察者になるか、
ただ起こることを観察して、
すべては宇宙の知性に任せる。


それしかないんですよね。




なにか、思うようにならないとか、
うまくいかないことがあったなら、
自分で制限をつくってないか、
立ち止まってみること、です。



これまでの経験も、勉強も
すべて、
「私」の制限をつくるためのものでは
なかったはず。


自分を制限する何か。
それはどこからきているのか、
ただただ、見てみるといいです。



ジャッジすることなく
何とかしようと思わず



ただ眺めてみる。



そこから気づくことは
無限にあります。




75439DE3-.jpg

母の家に行く途中、
いつもきれいにお花を咲かせている
お宅があります。

ニコニコと、お花の手入れをするのは
私よりずっと年上の
かわいらしい女性。

足が悪くてもう遠くにいけないのと、
話しながら、優しいまなざしを
花々に向けます。


こんなにたくさんの愛を
受け取っているから
ここには一年中、
美しく花が咲き誇るのですね。



9F47D70F-.jpg

愛を向けてみませんか。

まずはご自分に。

今のままで素晴らしい、と
ありがとう、と
話しかけてくださいね。



すべての「新」をはじめた
みなさんに
祝福を。






月のうら
MIKA





2021_04_02


ポカポカ陽気は5月並みだそうです。
半袖で過ごせるくらい、
日中は気温が上がりました。


きょうは自分のお勉強、
月ツボ巡礼でした。


土星と、天王星の身体への影響、
生まれた時から持っている力について
紐解いてゆきました。

スペース,月,車両,サークル,地球,図

いやあ、きょうもすごかった。。。



リーディングなどで
あなたは○○です。といわれても
そこから気づくのは自分次第ですが、
気づけないままだと、
何も変わらず苦しいままだったりします。


だけど、
自分で潜在意識にアクセスしていくので
その気づきが、はやい。


変容を起こすのに
身体を使うのが
一番手っ取り早いんですね。


潜在意識だけ、なんとか変えようとしても
エネルギーをいくら送っても、

無意識レベルだから
気づきにくいけれど、
身体はほんとうに正直です。


私はきょう、大変ショッキングなことを
身体から云われました(笑)

身体って何でも知ってる。
ほんとに。


そして、これからどうすればいいのか、
ちゃんと教えてくれるんです。
それが自分でわかるのが、すごい。


きょうの2惑星は、辛口でしたが(^-^;



経絡を刺激していきますので
ものすごいエネルギーが循環し、
汗をかきました。


で、きょう、ほんの2時間半で
身体のバランスが変わったんです!
見た目にわかるくらいに。


まず、肩の高さ。
私は左が上がっていて、右が下がっているのですが、
土星に対応したツボ、そして潜在意識にアクセスしたあとは
肩のバランスが元に戻っていたんです。
これにはびっくり。


さらに、
お尻の位置が変わったこと。


すごくないですか?



体の中のエネルギーのバランスが変わるので
実際の肉体も変化するんですね。

元に戻る。

中庸になっていく。





いやあ、からださん、辛口なだけあるわ(笑)




あらためて、
天体の力を思い知りました。

いえ、むしろ、
私たちは宇宙の一部だと、
自然の一部でしかないんだということを
思い知りました。



だからこそ、人間て素晴らしい。







明日から4月。

日日はつづいてゆくけれど、
おなじじゃない。


それぞれの歩みの先に、
たのしいこと、尊いことがたくさん。
忘れず、見逃さず。
どうか。



佳い4月を

月のうら
MIKA






2021_03_31

龍天に登る

category:  



七十二侯では
「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」を迎えました。


ライトニング, 雷雨, 天気, 空, 夜, 前進, 雲, 自然, 嵐, 電気, 光, 嵐の雲, ダーク, 高電圧, 脅かす, エネルギー, 夜の雷雨, 危険な, サンダー, 大気, 稲妻よこ糸, 自然の力, ライト, 雲, 雰囲気, 昼間, 白, 点灯, 卵丘, 大気現象, 水, ライン, 木, 電気青, 風, 風景, スペース, 気象現象, 闇, イブニング, 真夜中, シティ, 地平線

「龍天に登る」

龍は「春分にして天に登り、秋分にして淵に潜む」。

中国の最古の字解『説文解字』に記され、
「龍天に登る」は春分の頃の季語となり、
「龍水に潜む」が秋分の頃の季語になっています。


昔は雨乞いをするほど、
旱(ひでり)が続くこともあり、
それは命にもかかわるほどの、
切実なものであったに違いありません。


春には、龍が天に登って雲を起こし、
恵みの雨を降らせ、
秋にはその役目を終え、水の底にかえっていく。

きっと、初雷や春雷は、
どんなにか待ち遠しいものだったでしょう。



春雷は、夏の雷のように激しいものではなく、
すぐに去ってしまうものばかり。
遠くの空で春を告げているかのような
優しい恵みの音に聞こえます。


大好きな龍が季語となっているこの
「龍天に登る」は、
私の一番好きな季語でございます(^-^)


今日の龍IMG_1122

龍神が天を舞う季節!




背中にのっていいんだよ。





そういえば久しく
「お月さまとちび龍のお茶会」やっていませんね。
また、何かやりたいなあ。





IMG_3797.jpg

これ、なんだと思います?


私の今の
「心の模様」なんだそうです。

自分の鼻で名前を書いて、
その軌道を模様にしてるんです。

おもしろいでしょう(^-^)


なんだか素敵!



さあ、龍神ものぼる季節。


皆さまも
愉しい季節を、
おもしろがる春を!









月のうら
MIKA









2021_03_30


03  « 2021_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
女は強く美しくがモットー
   
心に響いた美しいもの優しいものや、大好きなお月さまのこと
ヒーリングやリーディングのこと

ちょっぴり可笑しい日日のつれづれとともに


HPはこちら
月のうら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top